現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. 食品衛生 >
  5. 食品衛生何でも相談(事業者の方へ) >
  6. 衛生管理のあれこれ >
  7.  食中毒について(ノロウイルスによる食中毒)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 食品安全課  >
  4.  食品衛生班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

食品衛生何でも相談

おもな食中毒について

ノロウイルスによる食中毒

特徴 ウイルスによる新しい食中毒

 最近になって、ノロウイルスに汚染された食品を食べて激しい嘔吐と下痢をしめす急性胃腸炎の集団発生が世界各地で多数報告されています。ノロウイルスにはいくつかの種類があり、電子顕微鏡で観察すると、小さな球形の構造をしています。食品や飲料水を介して感染しますが、人から人への感染も報告されています。

  • ウイルスの感染によっておこる食中毒です。
  • ウイルスに汚染された食品から感染します。
  • 集団感染がよくみられます。

原因食品 ウイルスに汚染された食品

 二枚貝が感染源になることが多いのですが、サラダ、果実、ケーキなど、生のまま食べる食品から感染することもあります。また、食品取扱い者を介した感染など、人から人への感染もあります。

症状 嘔吐と下痢

 感染から発症まで1~2日間かかります。主な症状は嘔吐と下痢で、特徴的なのは発病当初に激しい症状をおこすことです。頭痛、発熱、咽頭通など、かぜとよく似た症状がみられる場合もあります。通常は発症後3日以内に治癒します。

予防法

  • 二枚貝の貝類の生食はさける。
  • 飲料水は、煮沸するなど完全に滅菌してから飲む。
  • 調理の際は、必ず手を洗い、うがいをする。
  • まな板、包丁、ふきんなどはよく洗い、熱湯や漂白剤で殺菌する。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 食品安全課 食品衛生班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2343 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:shokusei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035899