現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 森林・林業 >
  4. 森林を守る >
  5. 林地開発許可制度 >
  6.  平成30年度第5回三重県森林審議会森林保全部会の開催結果
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 治山林道課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成31年02月08日

平成30年度第5回三重県森林審議会森林保全部会の開催結果

1 日時
  平成30年12月20日(木)午後1時40分から午後3時15分まで
2 場所
  三重県四日市庁舎1階 第11会議室(四日市市新正四丁目21-5)
3 出席委員
  6名
4 議題
  四日市市地内における太陽光発電用地の造成に係る林地開発許可申請について
5 会議の公開・非公開
  会議は公開で行われました。
6 傍聴者数
  30名
7 結果
 四日市市地内における太陽光発電用地の造成に係る林地開発許可申請に関する審議が行われました。
 なお、審議内容をとりまとめた結果については、平成31年1月29日付けで三重県森林審議会長から知事に答申されました。

(答申内容)
 四日市足見川メガソーラー合同会社による四日市市地内における林地開発許可申請については、次の事項に留意し、対応する必要があります。
(1)谷埋め盛土における地盤及び土中の排水対策を適切に行うこと。
(2)地質構造及びため池の配置状況より当該開発行為地において地下水の湧出が予測されることから、当該湧水による土砂の移動を防止するため、地表及び地中の排水対策等の措置を徹底すること。
(3)法面保護材料として使用するウッドチップについては、その機能が低下しないよう適切に維持管理をすること。
(4)開発区域内に介在する公道等の雨水排水については、開発行為により設置される排水施設へ確実に導水されるよう措置を図ること。
(5)開発事業区域の近くに民家や公道があることに鑑み、地上に作る太陽光発電パネル等の工作物は、飛来等により周辺への影響を及ぼさないよう、当該工作物下部の斜面の安定対策を講じること。
(6)開発事業区域の下流側に存在するため池については、開発行為後においても水の確保が図られるよう措置を講じること。
(7)残置及び造成森林の管理については、その責任と体制を明確にして、将来にわたり森林としての機能が発揮できるよう、適切かつ確実に維持管理を行うこと。
(8)平成30年1月18日に公表された三重県環境影響評価条例に基づく環境影響評価準備書に対する知事意見のうち、サシバ等の希少動植物及び生態系に係る事項については、適切な保全措置を図ること。
(9)事業計画について、地域住民の方々から不安や反対の声があることから、地域住民の方々との質的なコミュニケーションをとること等により合意形成を確実に図ること。


附属機関等会議概要

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 治山林道課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2573 
ファクス番号:059-224-2070 
メールアドレス:chirin@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000223125