現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 資源管理 >
  5. 資源管理全般 >
  6.  TACによる資源管理
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 漁業環境課  >
  4.  漁協・資源管理班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

TAC(漁獲可能量)による資源管理

 国内では、さんま、すけとうだら、まあじ、まいわし、さば類(まさば及びごまさば)、するめいか、ずわいがに、くろまぐろの8魚種が指定され、総漁獲量の管理が行われています。
 三重県においても、さんま、まあじ、まいわし、さば類(まさば及びごまさば)、するめいか、くろまぐろの6魚種について、国から漁獲量の配分を受け、漁獲量の管理を行う資源管理が行われています。
 なお、「若干」とは、資源に対する圧力が無視できるほどに小さいことから、漁獲可能量による管理をする必要がなく、数量を明示しないとされています。

 三重県における魚種別漁獲可能量及び漁獲実績

特定海洋生物
資源の種類

 H29知事管理量

H30知事管理量

H31知事管理量

H29知事管理実績

H30知事管理実績

H31知事管理実績

さんま

若干

若干

7トン

まあじ

5,000トン

若干

若干

2,537トン

1,990トン

まいわし

63,000トン

90,500トン

126,000トン

51,328トン

44,589トン

まさば及びごまさば

48,000トン

53,500トン

25,018トン

するめいか

若干

若干

若干

181トン

183トン

くろまぐろ
(小型魚)

17.5トン

25.9トン

くろまぐろ
(大型魚)

7.7トン 26.1トン

                                                                                         (平成31年3月現在)
       ※さんま並びにまさば及びごまさばについては、管理の対象となる期間が開始する日まで
        に定める。    
                            

三重県の海洋生物資源の保存及び管理に関する計画 

三重県の海洋生物資源の保存および管理に関する計画第1の別に定める「くろまぐろ」について

※三重県海洋生物資源の保存及び管理に関する計画第1の別に定める「くろまぐろ」についての第2に定める小型魚の留保枠のうち、0.8トンを、同計画第3に定める定置漁業に再配分しました。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 漁業環境課 漁協・資源管理班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2582 
ファクス番号:059-224-2608 
メールアドレス:gyogyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000117284