現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 国際交流・国際展開 >
  4. 伊勢志摩サミットの取組 >
  5. 伊勢志摩サミットに向けた取組 >
  6.  「2016年ジュニア・サミットin三重」に日本代表として参加する高校生が、鈴木知事を表敬訪問しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 国際戦略課  >
  4.  国際企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

「2016年ジュニア・サミットin三重」に日本代表として参加する高校生が、鈴木知事を表敬訪問しました

 伊勢志摩サミットの関連行事として平成28年4月に開催される「2016年ジュニア・サミットin三重」に日本代表として参加する高校生4名が決定し、2月27日、ジュニア・サミット参加に向けての抱負を表明するため、三重県知事を表敬訪問しました。


1 日本代表参加者
  ・稲葉 陽樹   いなば はるき
   三重県立津高等学校     2年生 17歳 男子 津市在住
  ・加藤 杏弥   かとう あみ
   三重県立川越高等学校    2年生 16歳 女子 四日市市在住
  ・上堀内 陸王  かみほりうち りくおう
   私立東海高等学校(愛知県) 1年生 16歳 男子 桑名市在住
  ・藤山 春衣   ふじやま はるい
   三重県立四日市高等学校   2年生 18歳 女子 四日市市在住


2 知事への表敬訪問
 (1)日時  : 平成28年2月27日(土) 9時30分から10時15分
 (2)場所  : 三重県庁3階プレゼンテーションルーム
 (3)訪問者 : 上記 4名
 (4)応対者 : 鈴木 英敬  三重県知事
          山口 千代己 教育長
          西城 昭二  伊勢志摩サミット三重県民会議事務総長
 (5)内容  : 参加者紹介、挨拶、記念撮影
 (6)要旨
   日本代表の参加者4名による英語での自己紹介の後、稲葉さんは「単なる理想論でなく、それぞれが
  納得して実行に移せる提言をまとめたい。」、加藤さんは「意見交換をすることによって、お互いの国
  に何らかの形で貢献したい。」、上堀内さんは「地球の将来を担っていく僕たちが、地球の抱える問題
  を知り、考えることで、持続可能な社会に繋げていきたい。」、藤山さんは「自分の考え、各国代表の
  考えを反映し、より良い意見をつくっていきたい。」と意気込みを表明しました。
   それを受け、鈴木知事から「意欲の高い、志を持った若者が訪れてきてくれて嬉しい。ぜひ、ホスト
  国としてリーダーシップを発揮するとともに、提言をまとめ上げていくため、衝突することもあるかも
  しれないが、臆せず自分たちの意見を主張してほしい。今後、グローバルリーダーとして活躍してほし
  い。」とのコメントがありました。

知事表敬

記念撮影

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 国際戦略課 国際企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2844 
ファクス番号:059-224-3024 
メールアドレス:kokusen@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000107102