現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. くらし >
  4. 多文化共生 >
  5. 外国人住民 >
  6.  平成10年12月31日現在 外国人登録者数について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. ダイバーシティ社会推進課  >
  4.  多文化共生班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

多文化共生課 Multicultural Affairs Division

平成10年12月31日現在外国人登録者数について

(三重県生活部国際課調べ)

1登録者総数

平成10年12月31日現在28,203人(87国籍)
平成9年12月31日現在の数値に比べて、1,347人の増加(増加率5.0%)

2国籍別内訳

平成2年に行われた出入国管理及び難民認定法の改正以来、ブラジル・ペルーの登録者数は増加を続け確実にその構成比を伸ばしている。また、国籍数は87国籍で、平成9年12月31日現在の数値に比べて5国籍の増加となっている。下表のとおり、ブラジルをはじめとする上位5国籍が登録者数の89.8%を占めている。

順位 国籍 登録者数(人) 構成比(%) 増減数(人) 増減率(%)
1 ブラジル 13,248 47 732 5.8
2 韓国又は朝鮮 7,492 26.6 △133 △1.7
3 中国 1,748 6.2 107 6.5
4 ペルー 1,671 5.9 106 6.8
5 フィリピン 1,157 4.1 98 9.3
その他 2,887 10.2 437 17.8
三重県計 28,203 100 1,347 5

※朝鮮とは、朝鮮半島出身者のことである。
※中国には、台湾を含む。

上位5国籍の登録者数が多い市町村は、下記のとおりである。( )内の数字は、三重県内の同国籍の登録者数全体に占める割合である。

国籍 第1位 第2位 第3位
ブラジル
13,248人
鈴鹿市
3,093人
(23.3%)
四日市市
2,292人
(17.3%)
津市
1,654人
(12.5%)
韓国又は朝鮮
7,492人
四日市市
2,230人
(29.8%)
桑名市
1,153人
(15.4%)
鈴鹿市
792人
(10.6%)
中国
1,748人
津市
405人
(23.2%)
四日市市
318人
(18.2%)
桑名市
158人
( 9.0%)
ペルー
1,671人
鈴鹿市
628人
(37.6%)
四日市市
195人
(11.7%)
上野市
182人
(10.9%)
フィリピン
1,157人
四日市市
243人
(21.0%)
津市
125人
(10.8%)
鈴鹿市
108人
( 9.3%)

3地方別内訳

登録者数の6割が北勢地方に集中しており、次いで中勢地方、伊賀地方の順に登録者が多くなっている。中勢地方の松阪地区を除き、各地方とも登録者数が増加している。

地方 登録者数(人) 構成比(%) 増減数(人) 増減率(%)
北勢地方 16,911 60 827 5.1
中勢地方 5,951 21 290 5.1
うち津地区 4,865 17.2 332 7.3
うち松阪地区 1,086 3.8 △42 △3.7
南勢志摩地方 1,577 5.6 75 5
伊賀地方 3,289 11.7 85 2.7
紀北地方 339 1.2 59 21.1
紀南地方 136 0.5 11 8.8
三重県計 28,203 100 1,347 5

三重県内の各地方における登録者数の多い国籍は、次のとおりである。( )内の数字は、各地方内の登録者数全体に占める割合である。地方によって登録者数の多い国籍に差がみられる。

地方名 第1位 第2位 第3位
北勢
16,911人
ブラジル
7,965人
(47.1%)
韓国又は朝鮮
5,063人
(29.9%)
ペルー
1,265人
(7.5%)
中勢
5,951人
ブラジル
2,645人
(44.4%)
韓国又は朝鮮
1,240人
(20.8%)
中国
657人
(11.0%)
うち津
4,865
ブラジル
2,366人
(48.6%)
韓国又は朝鮮
823人
(16.9%)
中国
525人
(10.8%)
うち松阪
1,086
韓国又は朝鮮
417人
(38.4%)
ブラジル
279人
(25.7%)
中国
132人
(12.2%)
南勢志摩
1,577人
ブラジル
618人
(39.2%)
韓国又は朝鮮
362人
(23.0%)
中国
175人
(11.1%)
伊賀
3,289人
ブラジル
1,978人
(60.1%)
韓国又は朝鮮
704人
(21.4%)
ペルー
193人
(5.9%)
紀北
339人
フィリピン
121人
(35.7%)
韓国又は朝鮮
78人
(23.0%)
中国
51人
(15.0%)
紀南
136人
フィリピン
56人
(41.2%)
韓国又は朝鮮
45人
(33.1%)
ブラジル
13人
(9.6%)

4市町村別内訳

市町村別の登録者数では、次の5市町村が登録者数全体の65.3%を占めている。

順位 市町村名 登録者数(人) 構成比(%) 増減数(人) 増減率(%)
1 四日市市 5,665 20.1 189 3.5
2 鈴鹿市 5,141 18.2 514 11.1
3 津市 3,292 11.7 176 5.6
4 上野市 2,356 8.4 112 5
5 桑名市 1,954 6.9 20 1

登録者数の多い上位5市町村における登録者数の多い国籍は、次のとおりである。( )内の数字は、同市町村内の登録者数全体に占める割合である。第1位の国籍が過半数を占めている市町村が多い。

市町村名 第1位 第2位 第3位
四日市市
5,665人
ブラジル
2,292人
(40.5%)
韓国又は朝鮮
2,230人
(39.4%)
中国
318人
(5.6%)
鈴鹿市
5,141人
ブラジル
3,093人
(60.2%)
韓国又は朝鮮
792人
(15.4%)
ペルー
628人
(12.2%)
津市
3,292人
ブラジル
1,654人
(50.2%)
韓国又は朝鮮
586人
(17.8%)
中国
405人
(12.3%)
上野市
2,356人
ブラジル
1,562人
(66.3%)
韓国又は朝鮮
366人
(15.5%)
ペルー
182人
(7.7%)
桑名市
1,954人
韓国または朝鮮
1,153人
(59.0%)
ブラジル
339人
(17.3%)
中国
158人
(8.1%)

5市町村別外国人登録者数の割合

登録されている外国人の割合が多い10市町村は、下記のとおりである。北勢地方・伊賀地方の市町村ばかりである。いずれの市町村も、三重県全体における外国人の割合(1.49%)をはるかに上回っている。

なお、法務省が平成10年6月に発表した平成9年12月31日現在における外国人登録者統計によると、各都道府県別人口に占める外国人登録者数の割合では、三重県は1.43%で全国第9位となっている。(1位から8位の都府県は、順に、大阪、東京、京都、兵庫、愛知、滋賀、群馬、静岡となっている。)

順位 市町村名 外国人の割合(%) 外国人登録者数(人) 日本人の人口(人)
1 亀山市 3.84 1,541 38,551
2 上野市 3.79 2,356 59,859
3 楠町 3.11 349 10,874
4 鈴鹿市 2.72 5,141 183,601
5 香良洲町 2.07 115 5,439
6 津市 2 3,292 161,165
7 川越町 1.94 224 11,297
7 四日市市 1.94 5,665 286,857
9 北勢町 1.89 272 14,088
10 島ヶ原村 1.86 54 2,844
10 木曽岬町 1.86 135 7,116
三重県計 1.49 28,203 1,859,955

日本人の人口については、三重県総合企画局統計調査課の調査による平成10年12月31日現在の住民基本台帳人口を引用している。

(以上)

参考:外国人登録国籍別人員調査について

各市町村は、毎年12月末日現在において、その保管する外国人登録原票に基づき、 この人員調査表を期報として作成し、法務省入国管理局に報告することになっている。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 ダイバーシティ社会推進課 多文化共生班 〒514-0009 
津市羽所町700番地(アスト津3階 みえ県民交流センター内)
電話番号:059-222-5974 
ファクス番号:059-222-5984 
メールアドレス:tabunka@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000037597