現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 漁業調整 >
  5. イカナゴ資源管理 >
  6.  明日のためのイカナゴ資源管理 資源管理の効果について知る
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産事務所等  >
  3. 津農林水産事務所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

明日のためのイカナゴ資源管理

資源管理の効果について知る

「終漁日の設定」の目的は新仔発生量を高いレベルで安定させることにありますが、特に近年は、暖冬など異常気象の影響を受け、期待どおりの成果が得られていないのが現状です。

しかし、近年の漁況を振り返ると、新仔発生量の大きな変動幅に比べて、水揚げ金額の変動幅は小さくなりました。このことは、異常気象等の影響を最小限にくい止めながら、資源をより有効に利用できていることを意味しています。また、資源の発生状況が悪い年があっても翌年には回復するなど、昭和53~57年に経験したような長期的な不漁はみられなくなりました。このように、現在実践している資源管理の効果が、少しずつながら現れ始めています。

伊勢湾産イカナゴの親仔関係には、一定の量的な関係(図4の実線)が見出せます。
しかし、この親仔の量的な関係式には、様々な誤差が含まれています。また、親仔関係を取り巻く外部環境(水温や餌料など)も複雑に影響しており、「これだけ親魚を残したのだから、翌年は必ずこれだけの発生が見込める」という単純なものとはなっていません。

写真3 イカナゴの佃煮と煮干加工品

しかし、統計的にみた場合、図4の実線に適合する確率の方が、実線から大きく外れる確率よりも高いことは間違いありません。つまり、長期的な視野でみれば、翌年の新仔発生を安定させるため、漁期中に一定量の親魚を取り残す方法は有効な手段と言えます。どうしても私達は目先の効果のみに囚われがちです。資源管理では、長期的な視点で、その効果を見極めることが重要だと言えます。

また、大切に資源管理した漁獲物で、より効果的な収入増につながるようなこと(兵庫県でのくぎ煮の普及による消費拡大など、資源管理を活かす取り組み)にも積極的に取り組んでいく必要があります。

明日のためのイカナゴ資源管理
平成14年3月 編集・発行
三重県津地方県民局農水商工部水産室
三重県科学技術振興センター水産研究部鈴鹿水産研究室

本ページに関する問い合わせ先

三重県 津農林水産事務所 〒514-8567 
津市桜橋3-446-34(津庁舎3階)
電話番号:059-223-5165 
ファクス番号:059-223-5151 
メールアドレス:tnorin@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000036515