現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 地球環境と生活環境 >
  4. 水環境 >
  5. 水浴場 >
  6.  平成23年度水浴場の水質調査及び放射能濃度調査結果を公表します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 大気・水環境課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成23年06月18日

平成23年度水浴場の水質調査及び放射能濃度調査結果を公表します

 県内の主要な21水浴場において、開設期間前の水質調査を実施しました。水浴場水質判定基準に基づき判定したところ、全ての水浴場が水浴に適した水質でした。
 また、水質調査を実施した全ての海水浴場20ヶ所において、海水の放射能濃度を調査したところ、全ての地点で放射能は検出されませんでした。

【水質調査】
  1.調査対象水浴場
     三重県内における21水浴場(20海水浴場、1河川水浴場)
  2.調査年月日
     平成23年5月9日、5月10日、5月16日、5月18日
  3.調査項目
     ふん便性大腸菌群数、COD(化学的酸素要求量)、透明度、油膜の有無、
    pH、病原性大腸菌O-157
  4.調査結果
     水浴場水質判定基準(別添)に基づき判定したところ、最も水質の良いAAが
    14ヶ所、Aが1ヶ所、Bが6ヶ所と全ての水浴場が水浴に適した水質でした。

 《水浴場ごとの判定結果》
   ・水質AA 14ヶ所
     大淀、神前、市営安楽島、鳥羽白浜、千鳥ヶ浜、阿児の松原、御座白浜、
    大矢浜、南張、城ノ浜、三木里、新鹿、大泊、多度峡
   ・水質A  1ヶ所
     二見浦
   ・水質B  6ヶ所
     千代崎、鼓ヶ浦、御殿場、香良洲、松名瀬、次郎六郎
   ・水質C及び不適
     該当無し

【放射能濃度調査】
  1.調査対象水浴場
     水質調査を実施した海水浴場20ヶ所
  2.調査年月日
     平成23年6月2日から6月14日の間
  3.調査項目
     放射性ヨウ素131、放射性セシウム134、放射性セシウム137
  4.調査結果
     全ての地点で不検出でした。
     ※不検出:検出下限値1Bq(ベクレル)/kg(キログラム)未満

 (参考)
  ・現在までのところ、海水についての基準値等は定められていません。
  ・国の飲料水の摂取制限に関する指標値
    放射性セシウム  200Bq/Kg
    放射性ヨウ素   300Bq/Kg
   (乳児に対しては  100Bq/Kg)
  ・入浴、手洗い等の皮膚接触のリスクは、飲食物摂取のリスクよりも相当小さいと
   推定されています。

関連資料

  • 水質調査及び放射能濃度調査結果(PDF(13KB))
  • 水浴場地点図(PDF(50KB))
  • 水浴場水質判定基準(PDF(7KB))
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 大気・水環境課 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2380 
ファクス番号:059-229-1016 
メールアドレス:mkankyo@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000099864