現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 地球環境と生活環境 >
  4. 化学物質対策 >
  5. ダイオキシン類対策 >
  6.  平成23年度のダイオキシン類環境調査結果について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 大気・水環境課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成24年10月19日

平成23年度のダイオキシン類環境調査結果について

 県では、ダイオキシン類対策特別措置法に基づき、国土交通省近畿地方整備局・中部地方整備局と
連携し、ダイオキシン類の環境調査を行っています。
 平成23年度に実施した結果は、次のとおりでした。(ダイオキシン類環境調査結果 総括表(表1参照))
 ・ 大気、底質(河川・海域)、地下水、土壌で調査を行った結果、すべての地点で
  環境基準を達成しました。
 ・ 水質(河川・海域)については、河川では、41地点中38地点で環境基準を達成
  しました。海域では、すべての地点で環境基準を達成しました。

1 結果の概要
 (1)大気(表2参照)
  (環境基準値:年間平均値 0.6 pg-TEQ/m3 以下)
    6地点で測定を行い、すべての地点で環境基準を達成しました。
 (2)水質(表3・表5参照)
  (環境基準値:年間平均値 1 pg-TEQ/L 以下)
    河川41地点(うち国交省6地点)、海域21地点で測定を行い、河川では38地点、
   海域ではすべての地点で環境基準を達成しました。
    なお、環境基準を超過した3河川からの上水道用水の取水はないため、現時点で
   健康被害の恐れはないと考えられます。
    (環境基準超過地点)
      金沢川千代崎樋門 :1.1 pg-TEQ/L
      金剛川昭和橋   :1.7 pg-TEQ/L
      笹笛川八木戸橋  :2.1 pg-TEQ/L
 (3)底質(表4・表6参照)
  (環境基準値:年間平均値 150 pg-TEQ/g 以下)
    河川45地点(うち国交省10地点)、海域21地点で測定を行い、すべての地点で
   環境基準を達成しました。
 (4)地下水(表7参照)
  (環境基準値:年間平均値 1 pg-TEQ/L 以下)
    5地点で測定を行い、すべての地点で環境基準を達成しました。
 (5)土壌(表8参照)
  (土壌環境基準値:年間平均値 1,000 pg-TEQ/g 以下)
    5地点で測定を行い、すべての地点で環境基準を達成しました。

2  今後の取り組み
 ダイオキシン類の発生源に対しては、ダイオキシン類対策特別措置法により排出規制が実施されており、
県は、その遵守状況を立入検査等で確認しています。引き続き、発生源に対し施設の適切な維持管理を
指導するとともに、環境基準を超過した河川については、濃度の推移を把握していきます。


関連資料

  • 表1(PDF(67KB))
  • 表2(PDF(129KB))
  • 表3(PDF(102KB))
  • 表4(PDF(123KB))
  • 表5・6(PDF(75KB))
  • 表7(PDF(69KB))
  • 表8(PDF(69KB))
  • 参考(PDF(54KB))

関連リンク

adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 大気・水環境課 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2380 
ファクス番号:059-229-1016 
メールアドレス:mkankyo@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000100304