現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 観光 >
  4. 海外誘客 >
  5. 業務概要 >
  6.  台湾の大規模ハイキングツアーが熊野古道を歩きます!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 海外誘客課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成26年08月19日

台湾の大規模ハイキングツアーが熊野古道を歩きます!

 本県が昨年から催行を働きかけていた、台湾の大手靴メーカー「La new(ラニュー)(*1)」が主催する大規模ハイキングツアーに、本年は、世界遺産登録10周年を迎える熊野古道が選定され、8月26日から9月7日までの間、熊野古道松本峠を訪れるほか、県内を観光します。

1 ツアーの日程
 平成26年8月24日(日曜日)から9月5日(金曜日)までの間、8月31日と9月4日を除き毎日出発(各班4泊5日の滞在)

2 行程
 1日目
  到着:台北(一部高雄)発→関西国際空港着
  訪問:和歌山県内観光
 2日目
  訪問:熊野古道中辺路
 3日目
  訪問:熊野古道伊勢路(松本峠)、鬼ヶ城、夫婦岩、伊勢神宮、おかげ横丁
  宿泊:合歓の郷
 4日目
  訪問:鳥羽水族館、伊賀流忍者博物館、大阪市内観光
 5日目
  訪問:大阪市内観光
  帰国:関西国際空港発→台北(一部高雄)着

3 ツアーの概要
 台湾の大手靴メーカーが毎年日本で1ヶ所を選定して開催している、数百人規模のハイキングツアー。
 今回は計11班のツアーが組まれ、現時点で参加者は600人を超える予定です。
 <最近の開催実績>
  平成24年:四国(香川県飯野山)370人
  平成25年:軽井沢 740人

4 熊野古道ハイキングツアー実施の経緯
 県内において、安濃津よさこい組織委員会(小柴眞治会長)が平成14年から台湾との間で深めてきた交流を契機として、本県が台湾との交流・連携の強化に取り組む中、台湾観光協会の戴啓珩(タイ ケイコウ)副会長(台湾の旅行会社「保保(ボビー)旅行社(*2)」代表取締役社長)を通じて本ツアーに関する情報提供があり、平成25年11月に、La new社、保保旅行社など関係者によるツアーの下見を通じて、今回の旅行企画が実現しました。

5 対応について
 ツアー第1班が8月26日(火曜日)午前9時頃に鬼ヶ城センター(熊野市木本町1835−7)に到着することから、熊野市、熊野市ふるさと振興公社(鬼ヶ城センター)と連携し、横断幕や手旗による出迎え、記念品贈呈、記念撮影などの歓迎対応を行います。
 その後、松本峠と鬼ヶ城の散策を行い、昼食後(午前11時30分頃)、伊勢に向けて出発します。県内の各訪問先でも、ツアー来訪の歓迎が行われる予定です。
(鬼ヶ城センターでの出迎えから出発までの間、県担当者が同行します。)

(*1) La new社について
 1996年創業の紳士靴・婦人靴メーカー。台湾全土で約160店舗を展開。台湾プロ野球「ラミゴ・モンキーズ」球団と球場を保有するほか、ウエディング・プラザ、高級会員制スポーツクラブも展開。2007年に日本に進出、東京にも店舗あり。

(*2) 保保旅行社について
 1968年創業の台湾大手旅行会社。国内外の旅行を取り扱う綜合旅行社であり、安濃津よさこいと台湾の交流を担当している。戴啓珩代表取締役は、現在台湾観光協会の副会長を務めている。東京に支社あり。

関連資料

  • 添付資料(PDF(20KB))
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 観光局 海外誘客課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2847 
ファクス番号:059-224-2482 
メールアドレス:inbound@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000101179