現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化財 >
  5. トピックス >
  6. 新しく指定・登録される文化財 >
  7.  三重県指定文化財の追加指定の答申が行われました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 社会教育・文化財保護課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成27年08月04日

三重県指定文化財の追加指定の答申が行われました

 三重県文化財保護審議会(会長 菅原 洋一)は、平成27年7月31日(金)に開催された平成27年度第1回三重県文化財保護審議会の審議・議決を経て、三重県指定文化財の新指定等について、三重県教育委員会に答申を行いました。

 ○三重県指定文化財の追加指定(規模の変更)の答申が行われたもの
  【有形民俗】八鬼山町石及び関連石仏(尾鷲市) 37基
       ※八鬼山町石は35基確認されていますが、そのうちの1基の破片が新たに発見され、
        県有形民俗文化財に追加指定(規模の変更)されることとになりました。

追加指定の町石30-1

町石30の接合状況(1)

町石30の接合状況(2)

関連資料

  • 追加指定文化財の概要(PDF(490KB))
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-3322 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:shabun@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000102071