現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 国際交流・国際展開 >
  4. 伊勢志摩サミットの取組 >
  5. 伊勢志摩サミットに向けた取組 >
  6.  知事のアメリカ・ニューヨーク訪問(9月28日)の概要について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 国際戦略課  >
  4.  国際企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成27年09月30日

知事のアメリカ・ニューヨーク訪問(9月28日)の概要について

 知事がニューヨークを訪問し、以下のとおり、日本貿易振興機構(ジェトロ)主催の経済セミナーに出席し、プレゼンテーションを行うとともに、関係機関との意見交換等を通じて、三重県の魅力をPRしました。
(※以下、時刻は現地時間で記載。時差は日本がプラス13時間)
                   記
1 ジェトロ主催経済セミナーへの出席
(1)日時:平成27年9月28日(月)9時00分~11時10分
      (※知事のプレゼンテーションは、9時30分~9時50分の20分間)
(2)場所:New York Athletic Club
(3)参加者:安倍総理大臣、鈴木英敬三重県知事、林文子横浜市長等の他、現地企業関係者、メディア関
       係者等、計約300名
(4)概要
   本セミナーは、2016年の伊勢志摩サミット、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて高
  まりつつある日本の魅力を発信することを目的に開催され、知事が出席して、プレゼンテーションを行
  いました。
  ・知事からは、主に、(1)三重県の素晴らしさやポテンシャル、(2)サミットにおいて三重県から発信す
   るメッセージやサミットを通じた三重県のビジョン、(3)アジア地域と比べた三重県のビジネス環境
   の優位性、の3点について説明を行いました。
  ・具体的には、三重県のPR動画と伊勢志摩サミットPR動画を上映し、三重県の魅力を視覚的にPRしまし
   た。また、伊勢志摩サミットにおいて、(1)世界平和のメッセージ、(2)三重県が持つ「環境と産業の
   両立」、「自然と成長の調和」の姿、(3)日本を代表する文化・伝統を感じられる場所であること、
   等のメッセージを発信しました。
  ・サミットを通じた三重県のビジョンとして、(1)県民による「イノベーション」によって、発展して
   いく地域となることを目指すこと、(2)あらゆる分野で、世界中から選ばれる地域を目指すこと、(3)
   国際観光競争力を高め、MICE誘致や国際リゾートとして、日本やアジアをリードする存在となること
   を目指すこと、(4)世界やアジアをリードする次世代グローバルリーダーの育成を図ること、(5)日本
   が誇る良き伝統を守り続ける中心地として、存在感をさらに増す地域となることを目指すこと、等に
   ついて説明しました。
  ・アジアの都市と比較した三重県の優位性について、三重県はアジアの他都市のビジネス環境が良いと
   言われている都市と比較しても、事務所賃料、工業団地購入価格、エンジニアの賃金などのトータル
   コスト面で優位に立っていることを説明しました。
  ・今回のセミナーにおいては、安倍総理もセミナー冒頭で挨拶を行い、日本市場の魅力をPRするととも
   に、今後の取組についてスピーチを行いました。また、安倍総理は、来年の伊勢志摩サミットで、さ
   らに魅力を増した日本を見せるとの決意も表明しました。
  ・セミナー終了後のレセプションにおいては、直接現地企業関係者やメディア関係者等に対して、三重
   県の魅力をPRしました。レセプション中には、三重県のブース出展も行い、ポスター掲示やポストカ
   ードの配布等を通じて、伊勢志摩サミットをPRするとともに、伊勢茶の試飲等を通じた「伝統文化」
   と、NAND型フラッシュメモリー等の「革新技術」の両方をPRしました。
  ・そのほか、レセプション終了後、海外メディア等からインタビュー取材を受けました。

2 アメリカ国務省との意見交換
(1)日時:平成27年9月28日(月)14時00分~14時30分
(2)場所:在ニューヨーク日本国総領事館
      (299 Park Avenue 18th Floor, New York, NY 10171)
(3)対応者:マイケル・ドッドマン次官補佐官
(4)訪問者:[三重県]鈴木英敬 知事
           佐々木光太郎 雇用経済部 伊勢志摩サミット推進局 副参事 ほか
(5)概要:
   アメリカ国務省のG7担当者であるドッドマン次官補佐官と面談し、意見交換を行いました。
   ・知事からは、三重県の魅力を発信するとともに、サミット開催地である三重県へのアドバイスを求
    め、また配偶者プログラムにおける協力要請を行いました。
   ・ドッドマン次官補佐官からは、最も重要なことは警備の問題であるので、在日米国大使館を窓口と
    して、開催に向けて準備してほしいということ、またメディア関係者に対するおもてなしをしっか
    り行うことが、サミット成功に向けて重要であるとの言葉をいただきました。
   ・(伊勢志摩サミットのPR動画を見た後、)伊勢志摩は訪問すべき魅力ある場所だとわかったとの発
    言があり、配偶者プログラムにおける協力については、ホワイトハウスに対して情報共有を行うと
    の言葉をいただきました。

3 高橋ニューヨーク総領事(大使)への表敬訪問
(1)日時:平成27年9月28日(月)14時30分~14時45分
(2)場所:在ニューヨーク日本国総領事館
      (299 Park Avenue 18th Floor, New York, NY 10171)
(3)対応者:高橋礼一郎ニューヨーク総領事(大使)
(4)訪問者:[三重県]鈴木英敬 知事
           佐々木光太郎 雇用経済部 伊勢志摩サミット推進局 副参事 ほか
(5)概要:
   高橋ニューヨーク総領事を表敬し、伊勢志摩サミット開催に向けた三重県の取組をPRするとともに、
  在ニューヨーク日本国総領事館でも、世界経済及び情報発信の中心地であるニューヨークにおいて、三
  重県及び伊勢志摩サミット開催のPRをしていただきたい旨、説明しました。
  ・高橋ニューヨーク総領事からは、せっかく地方でサミットを開催するので、地方自治体にも積極的に
   参加いただき、準備を進めてほしいとの言葉をいただきました。


関連資料

  • 9月28日の写真(その1)(PDF(431KB))
  • 9月28日の写真(その2)(PDF(190KB))
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 国際戦略課 国際企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2844 
ファクス番号:059-224-3024 
メールアドレス:kokusen@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000102327