現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 教職員 >
  4. 教職員関係研修・その他 >
  5. 人事異動・服務・表彰 >
  6.  三重県の学校長3名が教育者表彰(文部科学大臣表彰)を受賞します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教職員課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成27年11月25日

三重県の学校長3名が教育者表彰(文部科学大臣表彰)を受賞します

 平成27年度教育者表彰(文部科学大臣表彰)の三重県における被表彰者が、次のとおり決定しました。

1 被表彰者(年齢は、表彰式当日の平成27年12月1日現在)
   岩間 知之(いわま ともゆき) (59) 三重県立四日市高等学校長
   加田 普士(かだ ひろし)   (59) 四日市市立楠中学校長
   森田 正美(もりた まさみ)  (59) 津市立養正小学校長

2 表彰式
 (1)日時 平成27年12月1日(火)12時20分から
 (2)場所 文部科学省 3階講堂 (東京都千代田区霞が関3-2-2)

3 被表彰者の功績概要
 (1)岩間 知之(いわま ともゆき) (59) 三重県立四日市高等学校長
  ・ 県立高等学校教諭として社会科教育の推進に尽力した。
  ・ 三重県教育委員会事務局充指導主事、主幹、主幹兼グループリーダー、副室長ならびに室長を務
   め、本県の教育活動の充実のみならず、本県教育行政の振興と刷新に尽力した。
  ・ 県立高等学校長として、名張西高等学校では施設のバリアフリー化を推し進め、障がいの有無に
   関わらず、生徒が安心・安全に過ごす学校生活の実現に尽力した。津東高等学校では、進路保障へ
   の期待に応えるべく、生徒による授業アンケートを実施し、生徒の意見を授業改善に取り入れるな
   ど、教職員の先頭に立って学力向上に取り組んだ。四日市高等学校では、本県唯一のスーパーグロ
   ーバルハイスクール指定校として、本県の後期中等教育の発展に貢献している。
  ・ 三重県高等学校長協会会長、副会長、会計として同協会の運営に尽力した。

 (2)加田 普士(かだ ひろし) (59) 四日市市立楠中学校長
  ・ 公立小学校教諭として、健康教育を推進し、積極的に業間運動を取り入れた。手作りの遊具・教
   材を作成するとともに運動生理学の観点を取り入れ、児童の体力向上に取り組んだ。また、児童会
   ・委員会活動における健康教育の実践は高く評価され、朝日町立朝日小学校の三重県健康優良校の
   受賞に大きく寄与した。
  ・ 公立中学校教諭として、校内の指導体制を見直し、生徒に寄り添う指導を中心とし粘り強く関わ
   ることで問題行動の解決を図るとともに、その実践を四日市市の生徒指導の研究協議会で発表し、
   同市の生徒指導の推進に貢献した。また、部活動の指導に力を発揮し、先進的・科学的トレーニン
   グを取り入れ、多数の生徒を東海大会や全国大会に出場させるなど、教科指導、生徒指導、部活動
   顧問としての実績により、職員、保護者、地域から絶大な信頼を得た。
  ・ 公立小中学校教頭として、豊富な経験と確かな実践力で校長を補佐し、児童生徒の問題行動に職
   員全体で組織的に取り組む体制を確立した。また、児童生徒の主体的な活動を中心に据えた生徒指
   導は大きな成果をあげた。
  ・ 公立中学校長として、四日市市立楠中学校において、保幼小中の連携による学力の向上や将来を
   見据えたキャリア教育に組織的に取り組む体制を確立し、市内中学校の模範となっている。
    また、確かな教育ビジョンを持って学校経営に力を注ぐとともに、三重県中学校長会長として、
   三重県全体の教育課題、特に学力向上に向けた取組の推進に大きく貢献している。

 (3)森田 正美(もりた まさみ) (59) 津市立養正小学校長
  ・ 公立小学校教諭として、教科指導に熱心に取り組み、特に社会科における学習指導においては、
   地域史の教材化など創意工夫した授業を行い、児童の地域への理解や愛着を深めた。また、人権教
   育においては、児童・保護者と信頼関係を深め、きめ細かな実践と指導を積み重ね、津市の人権・
   同和教育の先頭に立ってその充実に尽力した。
  ・ 教育行政にあっては、津市教育委員会事務局社会教育課社会同和教育担当主査、学校教育課指導
   主事室担当副主幹、同課教職員担当副主幹、学校教育推進課教育改革推進担当主幹、学校教育課教
   育研究所担当副参事、教育研究支援課生徒指導担当副参事、学校教育課長を歴任し、コミュニティ
   ・スクールの設置や民間校長の公募など、積極的に教育改革を推進するとともに、同市の合併に伴
   う教育関係諸団体等との調整を円滑に進めるなど、幅広く同市の教育行政の充実・発展に貢献した。
  ・ 公立小学校長として、教職員の指導力向上を図るとともに、これまでの豊かな教育経験を生かし、
   地域社会との深い結びつきを大切にした学校運営に努めた。地域連携、生徒指導、学力向上など、 
   それぞれの学校が抱える課題に真正面から取り組み、現在も精力的に学校運営を行っている。
    また、平成25年度に開催された全国連合小学校長会研究協議会三重大会では、三重県小中学校
   長会の総務委員長としてその運営の中心的役割を果たし、平成26年度には三重県小中学校長会副
   会長として、新たな学校教育の創造と具現化を目指した学校運営を推進し、その手腕は高く評価さ
   れている。

4 その他
   教育者表彰は、学校教育の振興に関し、特に功績顕著な教育者の功労をたたえ、文部科学大臣が表
  彰するものです。


本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教職員課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2956 
ファクス番号:059-224-3040 
メールアドレス:kyosyok@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000102562