現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 三重県総合博物館 >
  5.  交流展示「すばらしい三重の文化財1『うけつぐ、まもる、つたえる。』」を開催します!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 総合博物館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成27年12月10日

交流展示「すばらしい三重の文化財1『うけつぐ、まもる、つたえる。』」を開催します!

 三重県総合博物館(MieMu)では、三重県指定文化財等所有者連絡協議会と連携し、三重県内の個人・団体の所有する優れた文化財の公開・活用を行うことを目的とした交流展示を行います。
 その第1回目として、「交流展示 すばらしい三重の文化財1『うけつぐ、まもる、つたえる。』」を開催します。文化財所有者や博物館が受け継ぎ、大切に守り伝えている、三重の文化財の素晴らしさにふれられる展覧会です。

1 展覧会の概要
 期  間:平成28年1月9日(土曜日)から1月24日(日曜日)まで
      ※期間中の休館日は1月12日(火曜日)・18日(月曜日)
 開催時間:午前9時から午後5時まで(土日祝は午後7時まで)(入場は閉場の30分前まで)
 会  場:三重県総合博物館(MieMu)3階企画展示室(津市一身田上津部田3060)
 観 覧 料:無 料
 主  催:三重県総合博物館、三重県指定文化財等所有者連絡協議会
 後  援:三重県博物館協会、三重県教育委員会
 助  成:公益財団法人岡田文化財団

2 主な出展資料
 ・多度大社所蔵 銅鏡(重要文化財)、金銅五鈷鈴(重要文化財)
 ・伊奈冨神社所蔵 木造男神坐像(重要文化財)、伊奈冨神社御神宝(県指定有形文化財)
 ・朝田寺所蔵 曾我蕭白(そがしょうはく)筆 唐獅子図 附杉戸絵(重要文化財)
 ・三重県総合博物館所蔵 羅漢図(県指定有形文化財)
 ※多度大社銅鏡30面の一挙展示、伊奈冨神社男神坐像と随神像すべてそろっての展示は、非常に貴重な機会です。
 ※近年注目されている、伊勢と縁の深い奇想の画家・曾我蕭白の代表作が展示されます。
 ※羅漢図は当館初公開です。

3 ギャラリートーク
 日  時:平成28年1月11日(月曜日・祝日)午後2時から
 場  所:三重県総合博物館(MieMu)3階 企画展示室内
 内  容:展示作品の解説などについて、当館学芸員等がお話しいたします。
 参加方法:当日会場にお集まりください。

本ページに関する問い合わせ先

三重県総合博物館(MieMu) 〒514-0061 
津市一身田上津部田3060
電話番号:059-228-2283 
ファクス番号:059-229-8310 
メールアドレス:MieMu@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000102635