現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 国際交流・国際展開 >
  4. 伊勢志摩サミットの取組 >
  5. 伊勢志摩サミットに向けた取組 >
  6.  伊勢志摩サミット推進局長が「2016年ジュニア・サミットin三重」の体験・交流プランと歓迎交流行事に関する提案書を外務省に提出しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 国際戦略課  >
  4.  国際企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成27年12月26日

伊勢志摩サミット推進局長が「2016年ジュニア・サミットin三重」の体験・交流プランと歓迎交流行事に関する提案書を外務省に提出しました

 12月25日(金)、伊勢志摩サミット推進局長が、「2016年ジュニア・サミットin
三重」の開催に向けて、体験・交流プランと歓迎交流行事についての提案書を、外務省へ提
出しました。

1 実施日時
  平成27年12月25日(金)10時30分~11時30分

2 提案先
  品田 光彦 外務省大臣官房人物交流室長 (251会議室)

3 提案者
  三重県雇用経済部伊勢志摩サミット推進局長 西城 昭二

4 県からの提案内容等
  伊勢志摩サミット推進局長から、品田人物交流室長に提案書をお渡しし、「2016年
 ジュニア・サミットin三重」の開催に向けて、ジュニア・サミット参加者に美しい自然や
 豊かな伝統・文化など、三重の魅力を体験・体感していただくため、県内分散型の体験・
 交流プラン及び三重ならではの歓迎交流行事について、次のとおり提案を行いました。
  (1)「三重のいちばん」をテーマとした体験・交流プラン
     ジュニア・サミット参加者が、県内5エリアに分散して各地を訪れ、美しい自然
     や豊かな伝統・文化など、三重の魅力を体験・体感していただくため、「日本(
     世界)一、日本(世界)初、日本(世界)唯一、日本(世界)有数」など、「三
     重のいちばん」をテーマに、県内の市町から提案のあった、とっておきの体験や
     交流プランをエリア別にまとめ提案しました。
  (2)三重ならではの歓迎交流行事
     分散型体験・交流の際、各地において、ジュニア・サミット参加者を歓迎するた
     め、県内市町から提案のあった、三重ならではの、または日本らしい伝統芸能や
     パフォーマンスの披露、交流イベント等の歓迎交流行事をエリア別にまとめ提案
     しました。

5 室長の発言
   いただいた提案書をもとに、参加する子どもたちにとってより良いものとなるよう、
  しっかりと三重県とも相談しながら決めていきたい。
   なお、主会場については、桑名市のナガシマリゾートに決定した。

6 提案書
  別添のとおり


品田人物交流室長への提案書提出

関連資料

  • 2016年ジュニア・サミットin三重 提案書(PDF(2MB))
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 国際戦略課 国際企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2844 
ファクス番号:059-224-3024 
メールアドレス:kokusen@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000102741