現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 斎宮歴史博物館 >
  5.  展示・行事 >
  6.  エントランス無料企画展示「逸品」第6回 「奇妙な一致~双子の壺が語るもの~」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  環境生活部  >
  3. 斎宮歴史博物館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成28年03月05日

エントランス無料企画展示「逸品」第6回 「奇妙な一致~双子の壺が語るもの~」を開催します

 斎宮歴史博物館では、平成27年6月より博物館の収蔵品から選りすぐった「逸品(いっぴん)」を展示するミニ展示を開催しています。
 第6回となる今回の展示では、過去に史跡斎宮跡の発掘調査でみつかった「奇妙な壺」をご紹介いたします。

1 開催期間    平成28年3月8日(火曜日)から平成28年4月17日(日曜日)まで
          ※ただし、博物館休館日の平成28年3月14日・28日・4月4日・11日(い
          ずれも月曜日)と3月22日(火曜日)は除きます。
2 会場      斎宮歴史博物館 エントランスホール(多気郡明和町竹川503)
3 開館時間    9時30分から17時まで(ただし入館は16時30分まで)
4 観覧料     無料(常設展の観覧には別途観覧料が必要です)
5 展示品・内容
 今回の展示では、平成5年の発掘調査でみつかった奇妙な壺とその壺にまつわるエピソードをご紹介します。
 〇 土師器壺・延喜通寶(えんぎつうほう)第95次調査出土品(いずれも重要文化財)
 展示資料の壺は、素焼きの焼き物である土師器(はじき)と呼ばれる種類のもので、壺の胴部付近を意図的に打ち割られていました。さらに壺の口には、土師器の皿で蓋がしてあり、中には延喜通寶と呼ばれる銅銭が複数枚入れられていたのです。なぜこのような奇妙な状態でこの壺はみつかったのでしょうか?また双子の壺とはどういうことなのか?ぜひ博物館でご見学ください。
6 問い合わせ先  斎宮歴史博物館 調査研究課 電話 0596-52-7027 
                        FAX 0596-52-3724
7 主催      斎宮歴史博物館
8 特記事項    三重県政記者クラブ、第二県政記者クラブ、松阪記者クラブ及び伊勢記者会に資料提
          供しています。


第95次調査出土の奇妙な壺・重要文化財
第95次調査出土の奇妙な壺・重要文化財

奇妙な壺のみつかった場所
奇妙な壺のみつかった場所

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 斎宮歴史博物館 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-3800 
ファクス番号:0596-52-3724 
メールアドレス:saiku@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000103157