現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 主要経済指標 >
  5.  平成27年度三重県の市町民経済計算
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  分析・情報班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成30年06月08日

平成27年度三重県の市町民経済計算

 この市町民経済計算は、平成27年度三重県民経済計算を基に、各種の統計数値を用い、按分方式により
地域や市町における総生産及び市町民所得の推計をしたものです。

【推計結果の概要】
(1)「市町内総生産」、「総生産の対前年度増加率」及び「一人当たり市町民所得」の上位5市町
 順位         市町内総生産     対前年度増加率       一人当たり市町民所得
 1位 四日市市      2兆45億円    亀山市  29.9%    いなべ市  592万6千円
 2位 津市     1兆2,646億円    菰野町  19.4%    玉城町   439万4千円
 3位 鈴鹿市       9,238億円    いなべ市 15.1%    四日市市  438万4千円
 4位 松阪市       5,749億円    東員町  10.3%    伊賀市   398万8千円
 5位 桑名市       5,663億円    伊勢市   9.0%     朝日町   383万8千円

 ※市町内総生産は四日市市が県内トップとなり、次いで津市、鈴鹿市、松阪市、桑名市の順となりまし
  た。
 ※対前年度増加率は県内19市町でプラスとなり、特に亀山市では製造業が大きく増加したことなどか
  ら、最も高い増加率となりました。
 ※一人当たり市町民所得では、いなべ市が5年連続の1位となりました。

(2)「地域別市町内総生産」及び「対前年度増加率」
 地域別市町内総生産            対前年度増加率
    北勢      4兆5,326億円         6.1%
    伊賀       7,576億円         1.7%
    中南勢     1兆9,596億円         1.9%
    伊勢志摩     8,252億円         6.6%
    東紀州      2,115億円         ▲3.4%

 ※地域別市町内総生産では、北勢、伊賀、中南勢、伊勢志摩地域で前年度から増加しました。
 ※特に増加率が高かったのは伊勢志摩地域と北勢地域で、伊勢志摩地域では製造業、建設業、卸売・小売
  業などが増加、北勢地域では製造業、卸売・小売業、電気・ガス・水道業などが増加しました。

(3)「地域別一人当たり市町民所得」
 地域別一人当たり市町民所得        県民所得を100とした場合の水準
    北勢         407万円          114.5
    伊賀      356万6千円          100.3
    中南勢     318万7千円           89.6
    伊勢志摩    285万6千円           80.3
    東紀州     239万9千円           67.5
    三重県     355万6千円          100.0

 ※地域別一人当たり市町民所得では、北勢地域と伊賀地域が一人当たり県民所得の額を上回りました。

注1)各計数は推計値を按分したものであり、積み上げ計算によるものではありません。 
注2)単位未満を四捨五入しているため、総数と内訳が一致しない場合があります。
注3)平成27年度市町民経済計算の推計は、三重県民経済計算と同様に「08SNA」に基づき推計していま
  す。平成18年度から平成26年度までの数値についても最新のデータ等により改訂していますので、
  今回公表のものをご利用ください。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 分析・情報班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-3051 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000214153