現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 人権・男女共同参画・NPO >
  4.  平成30年度地域人権啓発事業RAMOトーク&ライブ~知ろうとするより感じてほしい~を開催します!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域防災総合事務所・地域活性化局  >
  3. 松阪地域防災総合事務所  >
  4.  地域調整防災室(総務生活課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成31年02月14日

平成30年度地域人権啓発事業RAMOトーク&ライブ~知ろうとするより感じてほしい~を開催します!

 三重県では、「人権が尊重される三重をつくる条例」の趣旨に沿った地域社会を実現するため、県民の皆さんの人権問題に関する理解を深め、人権啓発活動を担う人材を育成するための講座を実施しており、この度、差別をなくす松阪市民の会、松阪市との共催により次のとおり「RAMOトーク&ライブ~知ろうとするより感じてほしい~」を開催します。

1日時   平成31年2月23日(土)14時00分から15時30分まで(13時30分開場)

2場所   松阪市産業振興センター 3階 研修ホール(松阪市本町2176番地)

3参加定員 195名

4参加費  無料

5内容  RAMOトーク&ライブ~知ろうとするより感じてほしい~

【講師 RAMOプロフィール】
  自閉症の息子2人を持つ父親と長男の音楽ユニット
    メンバー 楽(ら)守(も)さん……パーカッション&コーラス
    大徳(だいとく)さん…ギター&ボーカル

 小学校5年の時、孤立し、人を怖がる二次障がいになってしまった長男を音楽の道に!
 音楽活動を通じて感じてもらった人達のおかげで、自分の存在価値を感じ始めた。
 障がいをハンデではなく特性としてとらえ、すべての人がそのままで、そのちがいを笑えあえるよう
 な、やわらかでまぜこぜの世の中になってほしい!
 先入観で考えようとするのではなく、その時、その時をまっさらな心で感じることの大切さを伝えよう
 と全国各地で演奏しています。
 度会郡大紀町滝原神宮近くのひのき家(薪ストーブ専門店)内にてギターの修理販売を営むかたわ
 ら、三重県内だけではなく全国にネットワークを広げ名古屋や大阪、奈良、和歌山など各地でライブを 
 行っています。

 【主な活動歴】
 2006年 それまで父:大徳がソロで活動していたが、長男:楽守と一緒に活動を始める。
 2014年 24時間テレビ「愛は地球を救う」に出演。
 2017年7月26日 明石書店より、書籍 (今生きてる 自閉症兄弟の物語)発刊
 現在県内各地域の小学校や福祉施設を訪問しライブを開催。


6主催者  差別をなくす松阪市民の会、松阪市、三重県

関連資料

  • 案内チラシ(PDF(241KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 松阪地域防災総合事務所 地域調整防災室(総務生活課) 〒515-0011 
松阪市高町138(松阪庁舎3階)
電話番号:0598-50-0500 
ファクス番号:0598-50-0618 
メールアドレス:mchiiki@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000223089