現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 三重県総合博物館 >
  5.  三重の実物図鑑 特集展示「三重の弥生時代」展を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 総合博物館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年10月04日

三重の実物図鑑 特集展示「三重の弥生時代」展を開催します

 三重県総合博物館(MieMu)では、三重県埋蔵文化財センターが保管する考古資料の中から、機能性の中にシンプルな美しさが見られる弥生土器をはじめ、弥生人の道具や食生活、武器などにまつわる出土品約100点を、県指定有形文化財である宮山遺跡の出土品15点とともに紹介します。

1 期間
  令和元年10月17日(木)から12月15日(日)までの開館時間中

2 場所
  三重県総合博物館3階 三重の実物図鑑人文コーナー(津市一身田上津部田3060)
  どなたでも無料でご覧いただけます。

3 概要
(1)暮らしの道具
    六大A遺跡(津市)や村竹コノ遺跡(松阪市)などから出土した暮らしにかかわる弥生土器、宮山
   遺跡(いなべ市)や納所遺跡(津市)などから出土した石の斧や石包丁といった石器、弥生時代の
   食事を復元した実物大模型などを展示します。
(2)いのりやまつりの道具
    津市野田から出土した祭祀に用いた銅鐸レプリカや、北野遺跡(明和町)などから出土した銅鐸型
   土製品を展示します。
(3)ムラとムラの交流や争い
    米作りが始まるとムラができ、より安定した生活を求めてムラ同士で協力し合ったり、時には争い
   合ったりもしました。ムラ同士の交流としては、宮山遺跡(いなべ市)の調査で明らかになった石の
   斧の製作工程やその流通を紹介します。一方、争いとしては、狩猟の道具に武器の機能を加えて
   変わっていった矢じりの様子などを紹介します。

石鏃(納所遺跡)・石剣(午前坊・北切遺跡)

磨製石斧製作関係資料(宮山遺跡:県指定有形文化財)

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県総合博物館(MieMu) 〒514-0061 
津市一身田上津部田3060
電話番号:059-228-2283 
ファクス番号:059-229-8310 
メールアドレス:MieMu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000231094