現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 斎宮歴史博物館 >
  5.  逸品~エントランス無料企画展示~「第1回 緑の焼き物~緑釉陶器(りょくゆうとうき)とその色合い~」を開催します!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 斎宮歴史博物館  >
  4.  調査研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年06月03日

逸品~エントランス無料企画展示~「第1回 緑の焼き物~緑釉陶器(りょくゆうとうき)とその色合い~」を開催します!

 斎宮歴史博物館では、収蔵品から背景に奥深い物語をもつ資料を選りすぐった「逸品(いっぴん)」を展示するミニ展示を6月より開催します。
 第1回の展示では、過去に史跡斎宮跡で出土した国指定重要文化財の緑釉陶器を公開します。

1 日時
 平成29年6月6日(火)から平成29年7月17日(月・祝)まで
 9時30分から17時まで(ただし入館は16時30分まで)
 期間中の博物館休館日:毎週月曜日(祝休日の場合は開館し、翌日休館)

2 場所
 斎宮歴史博物館エントランスホール(三重県多気郡明和町竹川503)

3 内容
  緑釉陶器(りょくゆうとうき)とは、中国の磁器をまねて日本でつくられた緑色の焼き物ですが、高級
 品のため、通常の遺跡からはほとんど出土しません。しかし、斎宮は近畿以東において突出した出土量を
 誇り、その量は都の平安京と肩をならべます。この展示では、そうした緑釉陶器の鮮やかな緑色の色合い
 を産地ごとに解説します。
 展示資料:緑釉陶器(国指定重要文化財)計5点

4 観覧料金
 無料(常設展の観覧には別途観覧料が必要です。)

5 問い合わせ先
 斎宮歴史博物館
 電話:0596-52-3800(代表) FAX:0596-52-3724

6 主催
 斎宮歴史博物館

【参考】
○今後のスケジュール
 第2回 博物館実習生による展示
 展示資料:未定 ※博物館実習生が展示資料を選びます。
 平成29年9月5日(火)から10月1日(日)まで

 第3回 斎宮前史~弥生時代~
 展示資料:弥生土器細頸壺ほか (館内初公開)
 平成29年11月14日(火)から12月17日(日)まで

 第4回 熨斗(のし)~古代のアイロンの謎~
 展示資料:金属製熨斗(国指定重要文化財)
 平成29年12月19日(火)から平成30年1月21日(日)まで

 第5回 斎宮前史~古墳時代~
 展示資料:須恵器把手付椀ほか(館内初公開)
 平成30年2月14日(水)から平成30年3月18日(日)まで

 第6回 これ何の足?斎宮で見つかった『謎の足』
 展示資料:獣脚ほか(館内初公開)
 平成30年3月27日(火)から平成30年5月6日(日)まで

各産地(滋賀県、愛知県、岐阜県)の緑釉陶器

関連資料

  • 逸品~エントランス無料企画展示~チラシ(PDF(2MB))

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 斎宮歴史博物館 調査研究課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7027 
ファクス番号:0596-52-3724 
メールアドレス:saiku@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000202039