現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 斎宮歴史博物館 >
  5.  逸品~エントランス無料企画展示~「第4回 熨斗(のし)~古代のアイロンの謎~」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 斎宮歴史博物館  >
  4.  調査研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年12月15日

逸品~エントランス無料企画展示~「第4回 熨斗(のし)~古代のアイロンの謎~」を開催します

 斎宮歴史博物館では、数多くの収蔵品の中から、背景に奥深い物語をもつ資料を選りすぐった「逸品(いっぴん)」を展示するミニ展示を、平成27年度より開催しています。
 今年度第4回の展示では、青銅で作られた古代のアイロンである「熨斗」(重要文化財)を公開します。

1 開催日時   平成29年12月19日(火)から平成30年1月21日(日)まで
        9時30分から17時まで(ただし入館は16時30分まで)
        期間中の博物館休館日:毎週月曜日(ただし平成30年1月8日(祝)は開館)
                   平成29年12月29日(金)から平成30年1月3日(水)  
                   平成30年1月9日(火)

2 会場     斎宮歴史博物館エントランスホール(多気郡明和町竹川503番地)

3 内容      史跡斎宮跡では、青銅で作られた皿に木製の柄を取り付けた柄杓(ひしゃく)のよう
        な形の「熨斗」と呼ばれる金属製品が出土しています。これは、昭和53年に史跡東部の
        柳原地区で行った発掘調査で、平安時代後期の遺構(いこう)から出土したもので、現
        在、発掘調査地点は、平安時代の斎宮の「寮庁(りょうちょう)」を再現した史跡公園
        「さいくう平安の杜」となっています。
         全国でも16例しか見つかっていないこの「熨斗」は、青銅の皿部に火のついた木炭を
        入れ、平らな皿の底で衣類などのしわを伸ばす、現代のアイロンに相当するものと考えら
        れています。この斎宮で出土した「熨斗」の歴史的な意味を探ります。

4 観覧料金    無料(常設展の観覧には別途観覧料が必要です。)

5 問い合わせ先 斎宮歴史博物館 
            〒515-0325 三重県多気郡明和町竹川503番地
            電話 0596-52-3800(代表)
            FAX 0596-52-3724

6 主 催    斎宮歴史博物館 

【参考】 今後のスケジュール
      ・第5回 斎宮前史~古墳時代~
           展示資料:須恵器(すえき)把手付椀ほか(館内初公開)
           平成30年2月14日(水)から平成30年3月18日(日)まで
      ・第6回 これ何の足?斎宮で見つかった『謎の足』
           展示資料:須恵器獣脚ほか(館内初公開)
           平成30年3月27日(火) から平成30年5月6日(日)まで

斎宮跡の柳原地区で出土した平安時代の「熨斗(のし)」

斎宮跡出土の「熨斗(のし)」と古民具の「火熨斗(ひのし)」

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 斎宮歴史博物館 調査研究課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7027 
ファクス番号:0596-52-3724 
メールアドレス:saiku@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000209283