現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 斎宮歴史博物館 >
  5.  平成30年度第1回歴史講座の受講者を募集します!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 斎宮歴史博物館  >
  4.  学芸普及課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成30年04月14日

平成30年度第1回歴史講座の受講者を募集します!

 斎宮歴史博物館では、「王朝人が愛(め)でた動物たち」をテーマに、平成30年度歴史講座(全3回)を開催します。
 第1回は、「平安京の犬のいる風景」と題し、平安時代の人々と犬たちがどのような付き合いをしていたのか、貴族の日記や説話集・絵巻物などの史料から垣間見える犬たちの生きざまを紹介します。ぜひご参加ください。

1 内容
(1)開催日時 平成30年5月26日(土) 13時30分から15時30分まで
        ※受付・開場は、12時30分から
(2)会場   斎宮歴史博物館 講堂(三重県多気郡明和町竹川503)
(3)内容   「平安京の犬のいる風景」
         洋の東西を問わず、人類が最初に家畜化した動物は犬でした。それ以来、現在に至るま
        で、犬は人間に最も近しい動物です。そのため、歴史に登場する犬の存在形態は、時代に
        よって変化してきました。では、平安時代の人々と犬たちとは、どのような付き合いをし
        ていたのでしょうか。貴族の日記や説話集・絵巻物などから、平安時代の人と犬との交流
        場面をピックアップしてみましょう。そこに垣間見える犬たちの生きざまとは?十二単の
        宮廷女官たちに可愛がられてノウノウと暮す、そんな幸せな犬たちばかりではなかったよ
        うです。
(4)講師   谷口研語(たにぐちけんご)さん (元法政大学講師) 
(5)定員   125名
        ※応募多数の場合は、抽選となります。
        ※抽選となった場合、落選者の中から再抽選の上、42名を「別室モニター室受講者」と
         してご案内します。
        ※定員に満たない場合は、追加募集を行うことがあります。
(6)参加費  無料

2 募集方法
(1)応募方法 往復はがきに、住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記のうえ、下記「申込先」までお
       申込みください。また、三重県ホームページ上の「各種手続・サービス」内の「申請・届出
       等手続」からも応募できます。
       (http://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/navi2/index.html)
       ※応募は、1通につき1名様までとさせていただきます。
       ※電話、FAX、eメールでの応募は、承っていません。
(2)募集期間 平成30年4月20日(金)から平成30年5月10日(木)まで (締切日必着)
(3)結果の発表 5月16日(水)頃に発送または送信する予定です。

3 申込・問い合わせ先
    斎宮歴史博物館 学芸普及課 歴史講座係
    〒515-0325 三重県多気郡明和町竹川503
    電 話 0596-52-3800(代表)
    FAX 0596-52-3724

4 参考
  今後のスケジュール
   第2回 12月15日(土)「猫と人との古いつきあい」 
       講師 田中貴子(たなかたかこ)さん(甲南大学教授)
   第3回 2月16日(土)「平安貴族と牛‐車を牽いたり走ったり‐」
       講師 京樂真帆子(きょうらくまほこ)さん(滋賀県立大学教授)

関連資料

  • 歴史講座チラシ(PDF(409KB))

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 斎宮歴史博物館 学芸普及課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7026 
ファクス番号:0596-52-3724 
メールアドレス:saiku@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000213435