現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. みえの食 >
  4. フードイノベーション >
  5.  「施設園芸・スマート農業関係合同研修会」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. フードイノベーション課  >
  4.  イノベーション創出班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年10月31日

「施設園芸・スマート農業関係合同研修会」を開催します
~ オランダをはじめとする海外事例から学ぶ ~

 県では、高度な技術を有するオランダ型の大型栽培施設の導入を促進するため、本年9月、県内農業者等7名に参加いただき、オランダ現地の農業施設等を視察するツアーを実施しました。
 そこで、視察で得られたオランダにおける取組の情報提供やツアー参加者の今後の事業展望を発表する成果報告を行うとともに、オランダ以外でも話題となっているスペインと韓国における施設園芸の取組事例を紹介することで、新たな施設園芸の展開を含めた今後の農業経営の一助としていただくため、「施設園芸・スマート農業関係合同研修会」を以下のとおり開催します。
 それぞれの施設園芸関係者の視点から見た盛りだくさんの海外取組事例を紹介しますので、ぜひご参加ください。

1 日時  平成29年11月24日(金)13時30分から17時00分まで
      ※ 受付開始は、12時30分からです。

2 場所  三重県合同ビル 3階 G301会議室(津市栄町1丁目891)

3 研修会プログラム
 ≪第一部(研修会)≫
  「平成29年度栽培技術に関する理論と実際・ケーススタディとディスカッション(第3回)」
  (1)講演1「韓国の施設園芸を取り巻く現状について(仮題)」
         農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門 
         野菜生産システム研究領域 上級研究員 安(アン) 東赫(ドンヒョク)氏
  (2)講演2「スペインの施設園芸を取り巻く現状について(仮題)」           
         イノチオアグリ株式会社 取締役 開発部長 石黒康平氏
 ≪第二部(成果報告会)≫
  「オランダスマート農業現地視察ツアー成果報告会」
  (3)報告「オランダスマート農業現地視察ツアーを踏まえたオランダでの施設園芸の現状について」
         コーディネータ: 農業研究所 野菜園芸研究課 課長 礒崎真英
         報告者: フードイノベーション課 主査 中村領介
  (4)ツアー参加者7名の視察成果及び今後の事業展望の発表
 ≪第三部(ネットワーキングレセプション)≫
  (5)講師と参加者との名刺交換等による交流(参加希望者のみ)
 
 ※ 手話通訳はございませんので、ご了承ください。
 ※ 第一部は、農業研究所が農林水産省「平成29年度次世代施設園芸導入加速化支援事業(全国推進
   事業)」における人材育成研修事業を日本施設園芸協会より委託を受け実施します。

4 定員   60名

5 参加費  無料

6 対象者  農業者、企業、関係団体、研究関係者、行政関係者、農業大学校で学ぶ生徒、
       農学を専攻する学生等

7 主催   三重県(農林水産部フードイノベーション課、農業研究所)

8 申込方法 
   以下の関連資料にある「参加申込書」に必要事項をご記入の上、11月22日(水)までに、
   FAXまたは電子メールによりお申し込み願います。

9 お申し込み先・お問い合わせ先
   三重県農林水産部 フードイノベーション課 担当:中村
   電話:059-224-2391  FAX:059-224-2521  電子メール:f-innov@pref.mie.jp

関連資料

  • 研修会チラシ(PDF(729KB))
  • 参加申込書(ワード(28KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 フードイノベーション課 イノベーション創出班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2391 
ファクス番号:059-224-2521 
メールアドレス:f-innov@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000207741