現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. みえの食 >
  4. フードイノベーション >
  5.  東京2020大会を契機とした三重県農林水産品販売拡大戦略を策定しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. フードイノベーション課  >
  4.  プロモーション促進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成30年11月13日

東京2020大会を契機とした三重県農林水産品販売拡大戦略を策定しました
「世界で選ばれるみえの農林水産品」をめざして

 県では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)を契機とした県産農林水産品の販売拡大を図るため、平成29(2017)年5月に県内の官民が一体となった「東京オリパラ三重県農林水産協議会」を設置し、GAP認証取得等の生産体制の整備や首都圏でのプロモーションなどに取り組んでいます。
 この度、「東京オリパラ三重県農林水産協議会」の取組内容等をまとめた「東京2020大会を契機とした三重県農林水産品販売拡大戦略」を策定しました。

1 戦略策定のねらい
 東京2020大会を契機として県産農林水産品の販路拡大を図る上で、農林水産の各分野や生産・加工・流通・販売の各段階における関係者が、めざす姿や取組の基本的な方向性等を共有し、販売拡大に向けた取組を戦略的に推進することをねらいとします。

2 戦略の位置付け
 平成30(2018)年3月末に東京2020大会組織委員会が策定した「東京2020大会 飲食提供に係る基本戦略」を踏まえ、「東京オリパラ三重県農林水産協議会」が推進する戦略として、現状と課題、東京2020大会後のめざす姿を示した上で、東京2020大会をマイルストーンとして、(1)誰に、(2)何を、(3)どのようにプロモーションして販売先を開拓するのか、また、その販売先に対して(1)何を、(2)どれだけ生産し、(3)どのように加工・流通させるのかの基本的な考え方と取組内容等を示すものです。

3 戦略の期間
 平成30(2018)年10月から平成32(2020)年度まで

4 戦略の構成
 第1章 現状分析
 第2章 めざす姿
 第3章 取組推進の基本的な視点
 第4章 取組の基本的な方向性
 第5章 取組内容

関連資料

  • 東京2020大会を契機とした三重県農林水産品販売拡大戦略の概要(PDF(467KB))
  • 東京2020大会を契機とした三重県農林水産品販売拡大戦略(PDF(2MB))

本ページに関する問い合わせ先

農林水産部 フードイノベーション課 プロモーション促進班 電話番号:059-224-2451 
ファクス番号:059-224-2521 
メールアドレス:f-innov@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000220745