現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 畜産業 >
  4. 家畜衛生 >
  5.  愛知県における豚コレラ発生に伴う県内の疫学関連家畜飼養農場への対応について(第1報)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 畜産課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成31年02月06日

愛知県における豚コレラ発生に伴う県内の疫学関連家畜飼養農場への対応について(第1報)

 2月6日、8時30分に国の確定検査の結果が公表され、愛知県で疑似患畜(豚コレラ発生)が確認されました。これに伴い、発生農場(愛知県)から出荷している県内の1養豚農場が疫学関連家畜飼養農場(※)となりました。
 なお、県内の当該農場に関して、4項目の疫学検査を進めていますが、現時点で2項目(血清抗体検査、抗原検査)の検査で、陰性を確認しています。

1 疫学関連農場の概要
・所 在 地:三重県
・飼養状況:豚 約200頭

2 経緯と検査状況
 2月5日、愛知県庁から愛知県豊田市の養豚場(6000頭飼養)が豚コレラの疑い事例の発生となる可能性がある旨及び、この農場から1月に本県の1養豚農場へ豚を出荷している旨の連絡があり、疫学関連家畜飼養農場となる見込みとなりました。
 5日の疑い事例の発生時点から立ち入り検査を実施し、国からの指示で4項目(血清抗体検査、抗原検査、白血球測定検査、血液像検査)の検査を実施しているところで、6日8時30分時点で、血清抗体検査、抗原検査の2項目の検査において、陰性を確認しています。現在、残り2項目の検査も実施しております。
 なお、同時刻に国の確定検査の結果が公表されており、県内の1養豚農場が疫学関連家畜飼養農場となっています。
(※)疫学関連家畜飼養農場とは
 病性等判定日から遡って28日以内に発生農場の衛生管理区域内に出入りした人、物、車両が当該出入りした日から7日以内に他の農場等の衛生管理区域内に出入りした場合、疫学関連飼養農場となる可能性があり、農林水産省と協議することとなっています。疫学関連飼養農場となった場合は、出荷の自粛、飼育豚の血清抗体検査等を実施することになっています。

3 今後の対応
 残り2項目の検査の結果も踏まえ、国と協議して対応を決定します。
 なお、これら検査結果等については、引き続き資料提供していきます。

4 その他
 豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。また、感染豚の肉が市場に出回ることはありませんが、仮に感染豚の肉を摂取しても人体に影響はありません。   

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 畜産課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2541 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:tikusan@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000223124