現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 畜産業 >
  4. 家畜衛生 >
  5. CSF情報 >
  6.  豚コレラ感染野生いのししの確認について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 畜産課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年07月02日

豚コレラ感染野生いのししの確認について

 いなべ市において捕獲された野生いのしし2頭について、豚コレラ検査の結果、本日(7月1日)、陽性と確定しました。今回の事例は、県内で3例目と4例目の確認となります。
 なお、今回の事例による、監視対象農場の新たな設定はありません。

1 概要
 一昨日(6月29日)と本日(7月1日)、いずれもいなべ市藤原町において捕獲された野生いのしし各1頭を、三重県中央家畜保健衛生所において、豚コレラ確定検査を実施したところ、本日(7月1日)午後6時30分、2頭ともに豚コレラの陽性と確定しました。
 なお、今回の確認地点の半径10km圏内にある農場は、既に監視対象農場として設定されており、これまでのところ飼養豚に異状がないことを毎日確認しています。
 また、当該農場の監視期間は、これまで7月24日以降までと設定されていましたが、農林水産省との協議の結果、「当面継続」となりました。

2 今後の対応
 県内の全養豚農場に対して、あらためて飼養衛生管理基準の遵守徹底を指導するとともに、6月14日に県内養豚農家に呼びかけた緊急消毒の実施期限を7月12日から7月5日に繰り上げ、早期の防疫を徹底します。さらに、今回の捕獲地点から半径10km圏内の区域および周辺地域において、野生いのししの豚コレラ感染状況を把握するための調査をより一層強化します。
 また、経口ワクチン散布については、国と調整しながら、できる限りスケジュールを前倒しして、取り組んでいきます。
 なお、今回の確認地点は、経口ワクチン散布予定地域内となっています。

※豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。また、感染豚の肉が市場に
 出回ることはありませんが、仮に感染豚の肉を摂取しても人体に影響はありません。

関連資料

  • 別紙1 今回延長された監視対象農場(1農場)(PDF(55KB))
  • 別紙2 豚コレラ感染野生いのしし確認場所(PDF(394KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 畜産課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2541 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:tikusan@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000228347