現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 畜産業 >
  4. 家畜衛生 >
  5. CSF情報 >
  6.  県内養豚農場における豚コレラを疑う事例の発生について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 畜産課  >
  4.  家畜衛生班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年07月23日

県内養豚農場における豚コレラを疑う事例の発生について

 昨日(7月22日)、県内(いなべ市)の養豚農場において豚コレラを疑う事例が発生し、県の中央家畜保健衛生所でPCR(遺伝子)抗原検査を実施したところ「陽性」が確認されました。
 この結果を国と協議したところ、国の検査機関において、PCR(遺伝子)抗原検査を実施するとともに、本日(7月23日)朝から、県による農場の立ち入り及び各種検査を実施し、その結果を総括的に判定し、本日(7月23日)20時以降、国において検査結果を確定する予定となりました。

1 養豚農場の概要
所在地:いなべ市内
(参考:対象農場の周辺10㎞以内に他の養豚農家はありません。)

2 経緯(疑い事例の発生)
(1)昨日(7月22日)10時43分に、県内(いなべ市)の養豚農場から北勢家畜保健衛生所に、飼養豚の異状(2頭死亡)について報告があり、同家畜保健衛生所職員が同農場で臨床検査を行うとともに、採取した検体を中央家畜保健衛生所へ搬送しました。
(2)中央家畜保健衛生所において、PCR(遺伝子)抗原検査を実施したところ、21時05分に豚コレラの「陽性」が確認されました。この結果を国と協議したところ、農業・食品産業技術総合研究機構 動
物衛生研究部門(以下、動衛研)において患畜確定のためのPCR(遺伝子)抗原検査を実施することとなりました。また、あわせて本日(7月23日)朝から、県による農場の立ち入り及び各種検査(血清抗体検
査、PCR(遺伝子)抗原検査、白血球数測定検査等)を実施します。
(3)国及び県の検査結果を総括的に判定し、本日(7月23日)20時以降、国において検査結果が確定される予定です。

3 今後の予定
 本日(7月23日)、患畜が確定され次第、本部員会議を開催し、対象農場の防疫作業を開始する予定です。なお、本部員会議開催の日程については、決定次第、情報提供をさせていただきます。

4 報道機関へのお願い
・現場での取材は、本病のまん延を引き起こす恐れがあること、農家の方のプライバシーを侵害するおそれがあることなどから、自粛いただきますようお願い申し上げます。特に、ヘリコプターを使用しての取材は防疫作業の妨げとなるため、自粛いただきますようお願い申し上げます。
・取材については、三重県豚コレラ対策本部(県庁)において対応する予定ですので、県現地機関、市町(いなべ市)等への取材は防疫措置の遅れにつながる恐れがあるため、自粛いただきますようお願い申し上げます。
・今後とも、迅速で正確な情報提供に努めますので、御協力をお願いいたします。

5 その他
 豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。また、感染した豚の肉が市場に出回ることはありませんが、仮に感染した豚の肉を摂取しても人体に影響はありません。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 畜産課 家畜衛生班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2544 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:tikusan@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000229020