現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 国際交流・国際展開 >
  4. 国際展開 >
  5. その他の国際展開に関する情報 >
  6.  イチゴ品種「よつぼし」の海外における事業展開パートナー企業を決定しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農業研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年02月14日

イチゴ品種「よつぼし」の海外における事業展開パートナー企業を決定しました

 三重県、香川県、千葉県と国立研究開発法人農業・食品産業総合研究機構の4機関は、共同で開発した種子繁殖型のイチゴ品種「よつぼし」の、海外での品種登録等に協力いただける民間企業を公募し、第1号のパートナー企業を決定しました。
 「よつぼし」の海外展開にあたり、パートナー企業と連携し、知的財産の管理体制を併せて構築する取組は、イチゴでは国内初となります。

1.目的
 「よつぼし」は国内で初めて実用化された種子繁殖型イチゴ品種で、種子輸出などの海外展開の可能性を大きく秘めています。このため、海外での品種登録を行い、品種の権利を獲得することが必要となってきます。
 海外での品種登録は、国際条約に基づき、74ヶ国・地域で実施できますが、登録手続きや無断利用の防止対策には、多額の費用や事務労力が必要になり、4機関で実施するには難しい状況にあります。そこで、海外における品種登録や無断利用の防止対策等にノウハウを豊富に持つ民間企業と連携し、「よつぼし」の海外での品種登録を進めます。

2.パートナー企業の公募
 パートナー企業の募集は、三重県農業研究所を受付窓口とし、第1回の募集を平成28年11月25日に締め切り、4機関それぞれの審査を得た後に、4機関による最終審査により、第1号のパートナー企業を選定しました。

3.第1回公募のパートナー企業の決定
 以下9ヶ国・地域のパートナー企業として、「株式会社サカタのタネ」を決定しました。
  ・中華人民共和国
  ・大韓民国
  ・ベトナム社会主義共和国
  ・アメリカ合衆国
  ・カナダ
  ・メキシコ合衆国
  ・EU(欧州連合)
  ・トルコ共和国
  ・モロッコ王国

4.今後の予定
 育成4機関とパートナー企業が契約を締結したのちに、パートナー企業が対象国において品種登録出願を行うとともに種苗販売などの事業展開を開始します。なお、対象国で審査を受け、品種登録されるまで2~3年を要する見込みです。
 今回選定した国・地域以外についても、平成29年9月まで引き続きパートナー企業の募集を行っていきます。
 詳しくは三重県農業研究所のホームページ
 (http://www.pref.mie.lg.jp/nougi/hp/88787000001_00001.htm)をご覧ください。
 

関連資料

  • 「よつぼし」説明資料(PDF(455KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農業研究所 〒515-2316 
松阪市嬉野川北町530
電話番号:0598-42-6354 
ファクス番号:0598-42-1644 
メールアドレス:nougi@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000197263