現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 国際交流・国際展開 >
  4. 国際交流(友好・姉妹提携) >
  5. パラオ >
  6.  「2019-2020 日本ーパラオ親善ヨットレース」を通じてパラオ大統領へ友好のカヌーの写真を贈呈します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 国際戦略課  >
  4.  国際企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年11月30日

「2019-2020 日本ーパラオ親善ヨットレース」を通じてパラオ大統領へ友好のカヌーの写真を贈呈します

 パラオ共和国独立25周年を記念した「2019-2020 日本—パラオ親善ヨットレース」の開催に伴い、パラオとの友好提携の記念に当時の大統領から寄贈されたカヌーの写真を三重県からのレース参加者を通じて、パラオ大統領へ贈呈します。

1.概要
 三重県には、パラオとの友好提携を記念して、平成8年に当時のクニオ・ナカムラ大統領から寄贈されたカヌーがあり、今年、NPO法人日本航海協会のご厚意により修繕されました。美しい姿を取り戻したカヌーの写真を三重県からのヨットレース参加者を通じて、本県からパラオへ独立25周年のお祝いのメッセージとして大統領へヨットで届けて頂きます。

2.贈呈する写真
 パラオから寄贈された赤いカヌーは、県立水産高校に長年、保管・展示されていましたが、平成27年にNPO法人日本航海協会から申し出があり修繕して頂きました。この写真は同協会の拠点である宮崎県から三重県に向けて2年がかりで瀬戸内海を航海した際、今回のレースに伴走艇として参加する帆船「みらいへ」と並走している所を神戸で撮影したものです。
 この写真に、パラオ独立25周年を祝した知事メッセージを書いてお渡しします。

3.三重県とパラオ
 パラオと三重県は、当時の大統領であったクニオ・ナカムラ氏の実父が、伊勢市大湊出身の船大工であったことがきっかけで平成8年に友好提携を結び、現在に至るまで様々な交流を行ってきました。

【参考】
①2019-2020 日本—パラオ親善ヨットレース
1.開催日:令和元年12月29日から令和2年1月10日頃まで 
    ※ 令和2年1月15日 表彰式(於:パラオ)にはパラオ大統領も出席予定
2.開催趣旨:パラオ独立25周年及び日本との国交樹立25周年を記念し、両国間での友好をより深めるため
3.ルート:横浜港(スタート)→パラオ(ゴール)  
4.エントリー状況:7艇  
5.主催:神奈川県セーリング連盟、公益財団法人日本セーリング連盟加盟団体など
6.後援:パラオ共和国、外務省、環境省、文部科学省、横浜市
7.大会役員:名誉会長 トミー・E・レメンゲサウ・Jr.(パラオ大統領)、名誉副会長 茂木 敏充 (外務大臣)、フランシス・マツタロウ(駐日パラオ大使)、名誉顧問 河野 太郎(防衛大臣)など

②カヌー修繕の経緯
 長年、水産高校で保管・展示されており劣化していたカヌーを、NPO法人日本航海協会によって修繕いただき、今年返還されました。この経緯は、「ツクヨミプロジェクト(※)」として、同協会が公表しています。
 ※参考:http://ss140094/KOKUSEN/HP/p0004600008.htm

③帆船「みらいへ」
 神戸を拠点に、一般社団法人グローバル人材育成推進機構が保有する航海練習船。
 一般人が乗れる帆船として、クルーズやセイリングトレーニング等も実施しています。


パラオ大統領へ贈呈する写真

県立水産高校に展示されているカヌー

関連リンク

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 国際戦略課 国際企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2844 
ファクス番号:059-224-3024 
メールアドレス:kokusen@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000232983