現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 観光 >
  4. 三重の観光 >
  5.  三重県・奈良県・島根県・皇學館大学連携シンポジウム 『神話を旅する~日が昇る聖地から日が沈む聖地へ~』の参加者募集
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 観光政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成30年02月20日

三重県・奈良県・島根県・皇學館大学連携シンポジウム 『神話を旅する~日が昇る聖地から日が沈む聖地へ~』の参加者募集

 三重県、奈良県及び島根県は、「記紀・万葉・神話」にゆかりがあり、3県で連携して記紀神話や歴史文化を核とした観光情報発信を行っています。連携事業の一つとして、三重県・奈良県・島根県・皇學館大学連携シンポジウム『神話を旅する~日が昇る聖地から日が沈む聖地へ~』を企画しましたので、下記のとおり参加者を募集します。
                     記

1 日時 平成30年3月24日(土)13時00分~16時10分(12時00分開場)

2 場所 イイノホール 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング内

3 内容
(1)主催者挨拶 5分 島根県関係者 (13時00分~13時05分)
(2)特別講演 40分 (13時05分~13時45分)
  ○演 題:「神話を旅する~フィクションとノンフィクションの間~」
  ○講 師:彬子女王殿下
(3)基調報告 40分 (14時00分~14時40分)
  ○演 題:「古代祭祀におけるイセ、ヤマト、イズモ」
  ○講 師:岡田莊司 氏(國學院大學神道文化学部教授)
   -休憩10分―
(4) パネリストによるシンポジウム 80分 (14時50分~16時10分)
  ○テ ー マ:「神話を旅する~伊勢、大和、出雲をつなぐもの~」
  ○パネリスト:櫻井治男 氏(皇學館大学大学院文学研究科神道学専攻特別教授)
         谷垣裕子 氏(奈良県地域振興部文化資源活用課長)
         岡田莊司 氏(國學院大學神道文化学部教授)
  ○司 会:錦田剛志 氏(万九千神社 宮司 しまね観光PR大使)
 
4 参加費 無料  ※定員 450名(抽選にて決定)

5 申込方法 ※往復ハガキでの申込のみ受け付けます。
  ○必要事項を記載して、お申込みください。
   郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、同行者の有無(1名まで可)
   ・郵便料金に満たない応募は無効になりますのでご注意ください。
   ・いただいた個人情報は当シンポジウムのご案内以外には使用しません。
  ○申込先
   〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
   島根県商工労働部観光振興課 3県連携シンポジウム係
  ○応募締切  平成30年3月7日(水)必着
  ○当落のご連絡 締切後1週間以内に、参加の可否を返信ハガキでお知らせします。

6 問合せ先 島根県商工労働部観光振興課 電話:0852-22-6908(平日8時30分~17時15分 土日祝休)
7 主 催 三重県・奈良県・島根県・皇學館大学

関連資料

  • イベントチラシ(PDF(1MB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 観光局 観光政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2077 
ファクス番号:059-224-2482 
メールアドレス:kanko@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000211378