現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化財 >
  5.  専修寺御影堂・如来堂の国宝指定について官報告示されました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 社会教育・文化財保護課  >
  4.  有形文化財班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年11月28日

専修寺御影堂・如来堂の国宝指定について官報告示されました

 津市所在の「専修寺御影堂(せんじゅじみえいどう)」・「専修寺如来堂(せんじゅじにょらいどう)」2件が、平成29年11月28日に国宝(建造物)に指定され、同日付けで官報告示されました。
 県内では54年ぶりの国宝、また、建造物としては初めての国宝が誕生しました。

1 国宝(建造物)に指定された文化財
 ○ 専修寺 御影堂 一棟
    附 宮殿(くうでん) 一基、
      旧獅子口(きゅうししぐち) 一組
 ○ 専修寺 如来堂 一棟
    附 宮殿 一基、
      如来堂御建立録(にょらいどうごこんりゅうろく) 一冊
      御本山阿弥陀堂御上棟儀式御餝物
     (ごほんざんあみだどうごじょうとうぎしきおかざりもの) 一枚
   
2 官報の号数と日付
 平成29年11月28日 号外 第256号
 
( 参 考 )
 専修寺は、津市一身田町に所在する真宗高田派の本山寺院です。度重なる火災で建物が焼失しましたが、万治元年(1658)に津藩主藤堂家から土地の寄進を受け、御影堂から順次、諸堂が整えられてきました。
 御影堂は宗祖親鸞及び歴代上人を祀る堂です。寛文6年(1666)に建立された、専修寺の境内では最も古い建造物で、江戸時代の寺院建築では全国でも5本の指に入る大きい建物です。
 如来堂は本尊 阿弥陀如来立像(あみだにょらいりゅうぞう)を祀る堂です。寛延元年(1748)に建立されました。均整のとれた美しい木組みを特徴とする仏堂で、江戸時代の高度な建築技術を示す建物です。
 御影堂、如来堂は「重要文化財のうち極めて優秀で、かつ、文化史的意義の特に深いもの」という指定基準により、国の文化審議会から国宝指定の答申を受けていました。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課 有形文化財班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2999 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:shabun@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000208912