現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成13年度 >
  7.  平成13年度施策別要求概要/2 創造的人材の育成・確保
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

2 創造的人材の育成・確保

平成13 年度 施 策 別 要 求 概 要

部局名:総合企画局(科学技術振興センター)、生活部
施策番号
施  策  名
要求額(百万円)
432
創造的人材の育成・確保
54
【2010 年度の目標】
  21世紀の県内産業や科学技術を支える人材の育成、確保が図られ、創造的、独創的な研究開発が活発に行われています。
項目
基準年度の状況
1999年度実績

2001年度の目標
(2010年度の目標)

工業系試験研究機関 にネットワークされ た研究者数 150人 210人 250人
(500人)
研究コーディネーター 2人 4人 5人
(20人)
新規学卒者のUターン (定着)率 (1995年度)
39.1%
(1998年度)
34.6%
44%
(50.0%)
県内理工系学部卒業者 の定着率 (1995年度)
17.7%
(1998年度)
18.1%
23%
(30.0%)

 

平成13年度要求方針

総合企画局(科学技術振興センター)
 高度な研究開発や時代の要請に対応した研究開発を推進するため、公設試験研究機関の研究員の資質の向上を図ります。また、企業等に対し公設試験研究機関を共同研究の場として開放するとともに研修事業を実施し、企業人材の育成もあわせて図ります。

(生活部)
 集団就職面接会(三重県ふるさと就職セミナー)の開催については、三重労働局、県内公共職業安定所および県内商工会議所と協働し、参加企業と学生、Uターン希望者の双方にとって、時期を得たものとなるようにするとともに、インターンネットを活用した迅速な人材情報の提供、人材確保のための支援を行います。
  また、若年労働者の早期離職やフリーター化を防止し、定着を図るために、関係機関(教育、産業、労働)が密接な連係を取り、在学中から職業意識の確立やキャリアアップのために、インターンシップ(就業体験)を強力に推進します。

主な事業

  1. 人材育成プログラム推進事業(要求額 7,751千円)
    [所管部局名 総合企画局科学技術振興センター] 
    【基本事務事業名 人材育成プログラム推進事業】


      公設試験研究機関の研究員の資質向上を図り、創造的な研究開発を推進するため、国の研究機関等への派遣研修を実施し、また、国内学会や海外学術会議への参加を支援するとともに、学位取得を奨励します。

  2. 技術支援強化事業(要求額 17,986千円) 
    [所管部局名 総合企画局科学技術振興センター] 
    【基本事務事業名 工業研究部技術支援強化事業】


      県内中小企業等に対して、研究開発力を養成するための研修、特許の移転・実用化に対する支援、試験研究機器・共同研究施設の開放、インターネットや情報誌による技術情報の提供等を行い、県内中小企業等の技術力・製品開発力の向上を支援します。

  3. Uターン等就職支援事業(要求額 20,717千円) 
    [所管部局名 生活部] 
    【基本事務事業名 Uターンなどによる人材確保事業】


      三重県人材・Uターンセンターの運営(職業相談、求人求職情報の提供)、インターネットを活用した求人求職情報システムの構築、三重県ふるさと就職セミナーの開催、人材確保支援事業などを実施し、県内への人材定着や還流を図ります。

  4. インターンシップ総合サポート事業(要求額 7,958千円)
    [所管部局名 生活部] 
    【基本事務事業名 Uターンなどによる人材確保事業】


      高校生の職業意識啓発(企業研究の実施、インターンシップの実施、インターンシップに関する情報交換の実施)を行うとともに、インターンシップ受入事業所の確保を行い、就職後の職場への適応力や定着率の向上を図り、県内産業発展のための労働力の確保を行います。

戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034455