現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成13年度 >
  7.  平成13年度施策別要求概要/4 科学技術交流の推進
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

4 科学技術交流の推進

平成13年度 施 策 別 要 求 概 要

部局名:総合企画局(科学技術振興センター)
施策番号
施  策  名
要求額(百万円)
514
科学技術交流の推進
749
【2010 年度の目標】
公設試験研究機関と県内の高等教育機関、国立研究機関、民間企業との間で情報交換や人材、 技術の交流が図られ、視野の広い研究開発が行われるとともに、科学技術をになう人材が育っ ています。
 また、国内外との交流や共同研究などが実施されるとともに、国際会議などの開催により、 地域の研究成果が広く発信されるなど、国際的な科学技術の拠点が形成されています。
項目
基準年度の状況
1999年度実績

2001年度の目標
(2010年度の目標)

国際的な科学技術会議の開催回数 年1回 年1~2回
(年3回)

 

平成13年度要求方針主な事業

(総合企画局科学技術振興センター)
  地域のニーズに対応した研究開発を推進するため、三重大学を始めとする高等教育機関、企業との連携を強化し、研究の効率と実績をあげます。また、先導的な分野に係る研究の方向性についての調査、検討を行い、共同研究やプロジェクト研究等へと発展させていきます。
  「みえサイエンス・アカデミー」の運用により、幅広い県民の意見・ニーズを集約し、科学技術振興施策に反映していきます。
  さらに、広く県民に開かれた試験研究を効率的に実施するため、研究評価システムを活用するとともに、研究成果については、特許を取得し、地域への普及を図ります。

主な事業

  1. 共同研究事業 (要求額 27,967千円) 
    [所管部局名 総合企画局科学技術振興センター] 
    【基本事務事業名 共同研究事業】

     
      研究者が互いの知識、技術を最大限に発揮し、独創的な研究を効率的・効果的に進めるため、次のテーマについて産学官による共同研究を実施します。
    ・多自然型河川づくりに関する研究  
    ・伊勢湾の生態系の回復に関する研究  
    ・環境ホルモン類に関する研究


  2. 先導的研究企画費  (要求額 6,183千円) 
    [所管部局名 総合企画局科学技術振興センター]
    【基本事務事業名 研究企画事業】


      時代の研究ニーズであるバイオテクノロジー、機能性食品新素材に関する研究開発の方向等について検討を行い、プロジェクト研究等へと発展させ、技術開発を推進します。


  3. サイエンスアカデミー運営費  (要求額 2,233千円)
    [所管部局名 総合企画局科学技術振興センター]  
    【基本事務事業名 研究交流事業】


    幅広い生活者起点の科学技術振興を図るため、特別顧問、住民、企業・大学等の有識者で構成する「サイエンスアデミー」を設置し、科学技術に関する県民ニーズや地域課題の把握、施策提言等を通じて施策に反映します。

  4. 研究評価システム推進費  (要求額 1,557千円)   
    [所管部局名 ・麹㈱驩諡ヌ科学技術振興センター] 
    【基本事務事業名 研究評価事業】


      県民に期待される試験研究を適確かつ効率的に実施するため、研究テーマについて第三者による厳正な評価(事前・中間・事後)を行い、その評価結果を予算配分に反映します。

戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034462