現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成13年度 >
  7.  平成13年度施策別要求概要/3 公共交通網の整備
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

3 公共交通網の整備

平成13年度 施 策 別 要 求 概 要

部局名:地域振興部
施策番号
施  策  名
要求額(百万円)
533
公共交通網の整備
323
【2010 年度の目標】
 誰もが利用できる身近な移動手段として公共交通機関の利用が促進され、交通渋滞の緩和や環境負荷の軽減が図られています。
項目
基準年度の状況
1999年度実績
2001年度の目標
(2010年度の目標)
関西本線四日市~名古屋間の複線化率(延長37.2km) 53% 事業化の促進 事業化の促進
(76%)
関西本線亀山~加茂間の 電化率(延長61.0km) 0% 事業化の促進 事業化の促進
(67%)

 

平成13年度要求方針

【バス】
 「地域交通に関する需要予測調査」(11年度)、「新たな地域交通の導入可能性調査」(12年度)、鈴鹿市コミュニティバス実証実験への助成(11~12年度)を踏まえ、また国の動向を見ながら、地域交通(バス)の維持・確保にかかる県単補助制度を見直すとともに、新しい手法やシステムによる施策について、県は必要な情報提供等を行いながら、地域(市町村)での議論を促進させる。
 ただし、国の補助制度見直しの内容が明らかでない状況のもと、県単補助制度の見直しについては、平成14年度要求に向けて引き続き検討を行うこととし、国の補助制度見直しにかかる要求は、平成13年度補正対応とする。

【鉄道】
 引き続き、伊勢鉄道㈱(第三セクター)及び三岐鉄道(中小民鉄)に鉄道軌道近代化の補助を行う。  新幹線直通運転化を含む地域の鉄道網整備のあり方を研究する。

【地域ITS】
 ITS施策について、有効な施策の検討を進める。

 

主な事業

  1. 地方バス路線維持費補助金(要求額 294,021千円)
    [所管部局名 地域振興部]
    【基本事務事業名 利用しやすい公共交通システムの構築】


     生活バス路線を維持しようとする市町村に対し補助金を交付する。

  2. 鉄道軌道近代化設備整備費補助金(要求額8,400千円)
    [所管部局名 地域振興部]
    【基本事務事業名 利用しやすい公共交通システムの構築】


     中小民鉄の近代化を促進し、その経営収支及びサービスの改善並びに保安度の向 上を図るため、国及び市町村と協調して補助金を交付する。

戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034468