現在位置:
  1. トップページ >
  2. 組織・業務 >
  3.  地域事務所 >
  4. 鈴鹿建設事務所 >
  5. 管内・事業概要 >
  6.  管内概要
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  建設・流域下水道事務所  >
  3. 鈴鹿建設事務所  >
  4.  総務・管理室(総務課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

管内概要

管内図

鈴鹿建設事務所管内は、三重県の北勢南部に位置し、自動車産業を中心とした内陸工業都市として発展してきた鈴鹿市、東海道五十三次の城下町・宿場町として栄えてきた亀山市の2市からなっており、人口はおよそ25万人で、県下の14%、面積は385.6km2で県下のおよそ7%を占めています。
この地域は、比較的温暖な気候に恵まれ、平野部は県下有数の穀倉地帯であり、また、内陸部では茶・植木などの栽培が盛んです。 地形的には、西に鈴鹿国定公園を擁する鈴鹿山脈、東は伊勢湾に面し、鈴鹿山脈を源とする一級河川鈴鹿川がほぼ中央部を流れており、内陸部に東名阪自動車道、湾岸部に国道23号、そして中央部を国道1号が通っています。
管内では、新名神高速道路の亀山から草津間が完成したことから、関西圏との交流が益々活発になってきております。今後、産業・観光など地域の更なる発展のために、幹線道路をはじめ、交通ネットワークの構築、産業集積を進めるための支援道路の整備、地域住民の安全安心のための施設整備を進めています。
当建設事務所で推進している事業としては、まず道路事業として、東名阪自動車道鈴鹿インターヘのアクセス道路となる県道神戸長沢線、鈴鹿市中心部への交通集中による渋滞を緩和するとともに、均衡ある地域の発展を促す外環状の一角をなす県道鈴鹿環状線磯山バイパスや、国道306号伊船バイパスの整備、産業集積を進める観点から亀山・関テクノヒルズへの支援道路として、県道亀山関線、耐震対策としての鹿島橋(県道亀山安濃線)などの整備を進めています。
また、地域の交通安全対策事業として、県道稲生山線などにおいて、歩道の設置や交差点の改良を進めています。
治水事業としては、芥川・椋川などの河川改修を、高潮対策事業として堀切川の整備を進めています。また、 荒廃の激しい渓流からの土砂の流出を防止するため河原谷川などで砂防施設整備を進めています。
海岸事業では、原永地区海岸での海岸浸食対策や、海岸堤防の老朽化対策等を進めています。
また、住民参画のまちづくりの取り組みとして、維持管理においても草刈りや清掃活動などへの参画を推進しています。
このような諸事業の整備を通じて鈴鹿建設事務所は、県民の皆様が安全で安心できる生活や快適で利便性が高い社会を実現できるよう、コスト縮減・透明性の確保・良好な環境の保全に配慮しながら社会資本整備に取り組んでまいります。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 鈴鹿建設事務所 総務・管理室(総務課) 〒513-0809 
鈴鹿市西条5-117(鈴鹿庁舎3階)
電話番号:059-382-8680 
ファクス番号:059-382-1539 
メールアドレス:zkenset@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012550