現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県民の声コーナー >
  3. お答えします「県民の声を受けて」 >
  4. 部局別により検索 >
  5.  検索結果
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

検索結果

検索結果一覧(表示は、応対した部局・所属別、受付年月の順で並べています。)

▼受付件名をクリックすると詳細のページを表示します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

受付年月 受付方法 受付件名 応対所属名 カテゴリ名
  • 平成25年2月
  • 面談・来訪
  • 県政運営
  • 戦略企画部 広聴広報課
    議会事務局
  • ▼県民の声の公開について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県民の意見に対する回答が県のホームページに掲載されるまでに概ね2ヶ月程度か かっていますが、もっと早くしてください。  また、県議会に対する意見の回答については、県議会のホームページでも分かるよ うにしてください。

    ●戦略企画部 広聴広報課
    <県の考え方・取組・方針>
     貴重なご意見をいただきありがとうございます。  県民の方からいただいたご意見等につきましては、担当所属からの回答後、月次更 新で可能な限り県のホームページで公開しています。県のホームページで公開する前 に個人情報等が含まれていないかを確認するための期間が必要ですのでご理解いただ きますようお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営 施策の運営を支えるために
    【施策】広聴広報の充実
    【事業】効果的な広聴広報機能の推進

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     県議会のホームページに、県ホームページの該当ページへのリンクを掲載します。  なお、いただきましたご意見は、全議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年4月
  • 電子メール
  •  
  • 総務部 総務課
    議会事務局
  • ▼財政緩和施策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県議会議員を廃止にする事で年間で億と言う歳費が節減されませんか。県庁運営は 知事と事務方で県議会は月1回の定例議会、予算委員などを各市長と知事とで論議し ます。県所有のものは各市町村に委託して県の名は残し、県が発注する各工事などは 市町村で施工をし、入札だけ県でします。県議会議員は必要無いです。県庁職員も事 務方以外必要が無くなります。  生まれた時から、当然として存在している都道府県庁とそこに働く方や、議員です が、あることに「あって当たり前」と意識で国民も県民も見てきたと思いますが、昭 和の「あれば便利」の考え方が作りだした物で本来、無くても良い物です。この経済 状況の中、官は民にお手本を見せる立場にあります。良く考えて頂きたいです。県庁 その物は無くさず、県議と県庁の事務方以外は必要が無いとは思われませんか。各市 町が管理運営すれば済む事です。県立病院等は別です。三重県から全国へ官の改革を 示して貰えませんでしょうか。宜しくお願いします。

    ●総務部 総務課
    <県の考え方・取組・方針>
     この度は、県の組織運営に関し、貴重なご意見をいただき誠にありがとうござ います。  さて、三重県では、これまでも平成9年に「公共関与・県の関与の判断基準」 を作成し、行政が関与すべき事務について整理を行うとともに、判断基準により 県が実施すべきとされた事務についても「外部委託に係るガイドライン」に基づ き、事務の外部委託化を進めるなど、県の事務の執行方法の改善に努めてきたと ころです。  また、市町村合併が進展する中で、市町への権限移譲についても、その取組を 進めてまいりました。  これらの取組を踏まえ、今後の三重県の行財政改革の取組方針として本年3月 に取りまとめた「三重県行財政改革取組」の中においても、県組織の見直しや民 間活力の有効活用を仕組みの改革の一つとして位置づけることとしました。  今後もいただきましたご意見を参考に、県庁の組織運営の仕組みの改革に取り 組んでまいりたいと考えていますので、より一層のご理解とご協力を賜りますよ うお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営 施策の運営を支えるために
    【施策】行財政改革の推進による県行政の自立運営
    【事業】自立的な県行政の運営

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成25年1月
  • 電子メール
  • くらし・環境
  • 農林水産部 みどり共生推進課
    議会事務局
  • ▼県予算による山林の管理について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     自治会の定期総会において、県議会議員より、河川の氾濫・土砂災害を防ぐため山 林の管理が重要である旨の説明がありました。  非常に感銘し、是非実行していただきたいと思い、意見というか激励の為にメール しました。  県民1人当たり1,000円の税負担(県民税)をお願いしたいとの事でしたが、 まったく問題ないと思います。  河川の氾濫や土砂災害が起これば人命は無論、財産も失われてしまいます。  災害の多い日本では、防災の意味において非常に重要であると考えます。  このような有意義な税金の使い方ならどんどんやるべきと思います。  県の事業に理解ある1人として知事ならびに県議会議員の皆様を応援しておりま す。

    ●農林水産部 みどり共生推進課
    <県の考え方・取組・方針>
     この度は、激励のご意見をいただき誠にありがとうございました。  現在検討中の「森林づくりのための税」は、大きく2つの方針に沿って使いたいと 考えています。  1つ目は、「災害に強い森林」を目指して、山崩れなど災害発生のリスクを減らす ような新たな森林づくりを進めることです。具体的には、災害の時に人家に被害を及 ぼす危険があるところを対象として、流れ木になる恐れのある立ち木や渓流にたまっ ている土砂の除去を行うほか、平野部においては荒廃した里山や竹林の再生を行いま す。  2つ目は、災害に強い森林を次の世代に引き継いでいくために、森林づくりを県民 みんなで支える社会づくりを進めることです。具体的には、子供たちに森林や木を使 うことの大切さを教える森林環境教育や、小中学校に県産の木材で作った机やイスを 導入し、木のぬくもりなどを体感してもらったり、多くの人が利用する建物への県産 木材の活用、都市部における緑地の整備、海岸に漂着した流木の除去など、様々な形 で役立てたいと考えています。  暮らしの安全・安心を確保し、豊かな森林を未来に引き継いでいくためにも、引き 続きご協力をお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】農林水産業 ~食や暮らしと地域経済を支える農林水産業~
    【施策】林業の振興と森林づくり
    【事業】森林づくりへの県民参画の推進

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成25年3月
  • 電話
  • 議会
  • 議会事務局
  • ▼原発による放射能汚染や高齢者の介護などについて

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     3月発行の県議会だよりを見ましたが、県民が一番心配している、原発による放射 能汚染や高齢者の介護などに関する記載が見当たりません。このようなことをもっと 真剣に議論してください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年9月
  • 面談・来訪
  •  
  • 議会事務局
  • ▼議会図書室の利用促進について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     議会図書室の利用が進まないのであれば、開室日を月、水、金曜日だけにするべき です。そのようにしないのであれば、議員に図書室の運営費を払ってほしいです。1 カ月当たり、1議員当たり10万円を支払うよう要望します。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     議員の来室による利用は、平成23年度341人と前年度に比べ124人増えています。な お、議員からの依頼等でその調査研究のサポートを行う議会事務局職員の利用は、平 成23年度2,407人と前年度と同水準となっています(平成22年度は2,559人)。  議会図書室は、地方自治法第100条第18項の規定に基づき、議員の調査研究に資する ための必置機関であり、調査研究に必要な情報や資料の収集保存を行っています。議 員の来室による利用のほか、議員からの問合せへの対応、議会事務局職員の調査研究 にも活用されています。また、県職員の調査研究や一般県民の皆様にもご利用いただ いています。  県議会では、県政に対する監視・評価、政策立案・政策提言など幅広い活動が行わ れており、議員の調査研究の充実に加え、議会事務局のサポート体制の充実がこれら の活動の向上に通じるものと考えますので、ご理解のほどお願いします。  また、議員の調査研究による利用が一層増加するよう、議員のニーズに応じた情報 や資料の収集保存に更に取り組むとともに、議員への情報提供に努めてまいります。  なお、いただきましたご意見は、議員に周知します。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年8月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼放射性セシウム基準値の変更について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県内産牛肉を対象にした全頭検査で、放射性セシウムの基準値を500ベクレルか ら100ベクレルに下げると発表しましたが、安全対策をしないまま基準だけを変え ることに疑問を感じます。県議会でも議論してください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年8月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼メタボリック対策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県民の幸せは健康づくりにあり、政策の第一に挙げるべきです。メタボリック対策 として、砂糖の摂取をできるだけ少なくした食生活が重要であると聞きます。ぜひ議 会で検討してください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年8月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼多選禁止について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     首長及び議員の不当な口利きを防ぐために、3回以上の連続多選は控えるべきと考 えます。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼外国企業の土地取得の制限について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県内にある大手企業の工場が外国企業に売却される予定であると聞きました。工場 の土地、建物、地下水の水利権が外国企業に移ることになるようですが、外国企業が それらを所有できないようにする条例の制定を検討してください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼議会だよりの掲載内容について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     平成24年7月20日発行の県議会だよりを見ましたが、一般質問をまとめた部分 について、一文が長すぎて何が書いてあるか分かりません。この文章は事務局が素案 を作成し、議員が確認しているとのことですが、このような内容で本当に納得してい るのでしょうか。文章の責任をはっきりさせるため、議員本人に書かせてはどうです か。いずれにせよ分かりやすい文章作成をしてください。  ここに掲載されている内容は実際の質疑を元にしているとは思いますが、その内容 自体が下らないのも問題です。たまにテレビ中継を見ますが、議論して何の役にたつ のかわかりません。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電子メール
  •  
  • 議会事務局
  • ▼県会議員の給与について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     一般市民は、給料は現状維持どころか減額されていますしボーナスは出ません。こ んなご時世に給与を上げるようになどという人間には議員などして欲しくありませ ん。こんな人間が大勢を占めていたら借金が減るどころか増え続ける一方です。  現在の議員の給料は高過ぎるので今の半分でも充分生活は出来ると思います。一般 人が知らない色々な手当や政務調査費等他にも色々とあるとは思いますが、必要のな い本を購入したり、私的な旅行に行ったりとやりたい放題しているのならゼロにする べきです。国のためなら無給でも働きたいと思う人に議員になって貰いたいです。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     三重県議会議員報酬については、条例でその額及び支給方法が定められており、現 行額は知事が設置する三重県特別職報酬等審議会の意見を聞き決定されたものです。  三重県議会としても、議員が報酬や政務調査費の根拠を県民に説明できるよう外部 有識者による調査会を設置し、報告を受けたところです。  今後、その報告内容を議会として検討し、年度内に結論を出す予定となっておりま す。  またそれとは別に、現在県の厳しい財政状況に鑑み、議員報酬の7.8%の減額と、政 務調査費の20%の減額を行っております。  なお、いただきましたご意見は、議員に周知します。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼議員の提案について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     平成24年7月20日発行の県議会だよりを拝見しましたが、本会議における議員 の質問内容が具体策に欠き、数値感覚にも疑いを持ちました。事業を提案するのであ れば、いつ、誰が、どこで、どのような資金繰りで行うのか、現実を踏まえて考えて ください。  議員は事業などの実務経験者がなるべきです。  以上のことを全議員に伝えてください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     県議会だよりでは、本会議での議員の質問や執行部の答弁内容について、限られた 枠内で要点をまとめて掲載していますので、詳細まではお伝えできないことをご了解 ください。  なお、いただきましたご意見は、議員にも周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼中小企業支援について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     地域には、技術力のある中小企業が存在しますが、最近の国際情勢を見ると、単独 では生き残っていけない状況にあると思います。大企業では既に合併や再編が進んで いますが。地域の中小企業どうしが連携して、例えば共同の工場を持ったり、持てる 技術を組み合わせるなどして、独自の製品開発や効率的な生産活動ができるよう、行 政は後押しするべきと思います。県議会においても議論してください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼道徳教育について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     いじめの問題がありますが、道徳をきっちり教えるという教育が重要と思います。 会津若松市では、江戸時代から伝えられてきた青少年への教えを「あいづっこ宣言」 としてまとめ、現在でも学校教育に活用しているそうです。この中にも「卑怯なふる まいをしません」とあります。県議会においても議論してください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼がん、糖尿病対策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     近年、働き盛りの世代の死亡原因の半数ががんだと聞きました。がん予防対策で重 要なのは、喫煙を減らすことです。特に受動喫煙が問題です。他の自治体では、街頭 や自動車内で喫煙すると罰金を科されるところもあるそうです。県議会で喫煙の制限 など、がん予防について議論してください。  また、糖尿病については、原因のひとつに食生活の変化があります。野菜栽培は、 昭和30年代から農薬を使うようになりましたが、それとともに栄養価が低下してい ます。また加工食品を食べるようになり、塩分や脂肪の摂りすぎ、糖尿病が増える原 因になっています。無農薬野菜栽培の推進や加工食品を食べないようにすることが大 事ですが、茶葉を粉末状にするなど、食事に多く取り入れると、糖尿病予防につなが るようです。茶葉は三重県の特産物でもありますし、県議会で糖尿病予防について議 論してください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼交通事故防止について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     最近、アクセルとブレーキのペダルの踏み間違いによる事故が多くなっています。 これは、左足でブレーキ、右足でアクセルを踏んでいるからです。本来は、左足は使 わず、右足だけでブレーキとアクセルを操作しなくてはいけません。  このような事故を防止するため、交通事故に関する罰則の中に、実地講習を義務づ けるとよいと思います。県議会で条例化などしてください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼いじめ問題の対策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     いじめ問題の対策として、子どもにマナーを教えることが重要ではないでしょう か。特に和食の文化マナーを教えるべきと思います。県議会で議論してください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 封書・葉書
  •  
  • 議会事務局
    教育委員会 高校教育課
  • ▼県会議員の給与と学校閉校日について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     新聞で知事の給与が議員よりも少なく、財政難の時代、身を切ってがんばっておら れることは感謝いたします。  しかし、知事の給与面で努力されていても県会の議員の人たちの給与は一般の人た ちの給与と大きくかけ離れています。よく公務員の給与と民間との差を言われます が、議員はどうなっているのでしょうか。会社に入社してきた人は月給20万円くら いから始まりますが、議員さんは初めてでも年間1000万円を超えるお金をもらっ ています。世間で言われる「民間」では入社して20年でも年収1000万円はもら えません。なぜ議員は給与が高いのですか。  話は変わりますが、今節電が必要と言われていますので、学校閉校日をつくっては いかがでしょうか。県立学校はいくつもありますので一斉に休みにしてエアコンを使 わなくなると大きな節電にもなります。どうせ学校の先生は夏休みで学校に来ないの ですから、学校閉校日も設けているところも他府県にはあります。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     三重県議会議員報酬については、条例でその額及び支給方法が定められており、現 行額は知事が設置する三重県特別職等報酬審議会の意見を聞き決定されたものです。  三重県議会としても、議員が報酬の根拠を県民に説明できるよう外部有識者による 調査会を設置し、報告を受けたところです。  今後、その報告内容を議会として検討し、年度内に結論を出す予定となっておりま す。  またそれとは別に、現在議員報酬について県の厳しい財政状況に鑑み、7.8%の減額 を行っております。  なお、いただきましたご意見は、議員に周知します。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

    ●教育委員会 高校教育課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  夏季休業期間中は、学校休業日であり児童・生徒は基本的に登校しないこととなっ ていますが、部活動や補習等の課外活動に取り組む有効な期間ともなっています。ま た、教職員は夏季休業期間中においても勤務が割り振られており、課外活動等に係る 児童・生徒の指導に加え、教材研究や各種の研修に取り組んでいます。各学校におい ては、学校や地域の実態を踏まえてこれらの取組を行っているため、一律にすべての 学校に閉校日を設定することは困難であることをご理解ください。  なお、具体的な節電対策につきましては、環境対策として、「緑のカーテン」やこ まめな消灯など県立学校全体で取り組んでいるところです。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼直下型地震に備えた県立高校の移転について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     現在の県立桑名高校、桑名北高校は断層の上にあり、マグニチュード7クラスの直 下型地震がくると、液状化現象で地盤が沈下し、建物が倒壊する恐れがあるなど非常 に危険です。  桑名市内には、いなべ市に至る県道沿いの工業用団地など、地盤のしっかりした安 全な土地があります。高校生が安全に学べるよう土地は市が用意することとし、県に おいては、断層の上にある高校の移転を検討してください。この旨、議員に伝えてく ださい。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成24年7月
  • 電話
  •  
  • 議会事務局
  • ▼交通マナーの徹底について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     遷宮を控え、もてなしの一環として交通マナーを徹底すべきです。運転中の携帯電 話の使用に対しては、法的にさらなる厳格な取り締まりを行うべきです。  こういった取り組みを行うことにより、マナーの向上につながり、ひいては三重県 民は何かが違うということを感じてもらえることにつながります。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は、議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他