現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県民の声コーナー >
  3. お答えします「県民の声を受けて」 >
  4. 部局別により検索 >
  5.  検索結果
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

検索結果

検索結果一覧(表示は、応対した部局・所属別、受付年月の順で並べています。)

▼受付件名をクリックすると詳細のページを表示します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

受付年月 受付方法 受付件名 応対所属名 カテゴリ名
  • 平成28年10月
  • 電話
  • 議会
  • 議会事務局
  • ▼子どもの貧困について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     子どもの貧困をテーマに、大学教授を招いて議員勉強会を開いたという記事を見ました。  議員には講演で話を聞くだけでなく、現場へ足を運び、貧困の実態を見て、どうしたら貧困の連鎖を断ち切ることができるかを考えてほしいです。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見をいただき、ありがとうございます。  三重県議会では、「子どもの貧困対策調査特別委員会」を設置し、県内外調査を行い、今後も議論を活発に行っていく予定です。  なお、いただきましたご意見は、全議員に周知します。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成28年10月
  • 電子メール
  • 議会
  • 議会事務局
  • ▼豪華な議事堂から感じる矛盾や違和感について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県の本庁舎に比べて、議事堂は豪華な建物で違和感を感じます。県民の多くは議会傍聴や議員への用件以外で足を運ぶことは少なく、ロビーは閑散としている日がほとんどとも聞いています。  議場には、それなりの風格が必要との意見もありますが、県民感情としてはこれほど豪華な建物が果たして必要だったのかと疑問に思う時があります。  一方で三重県議会は、「通年制議会」を採用するなど、先進的な取組が評価もされています。  全国的にも議会改革の先頭を切る三重県議会ゆえに、個人的にはこの豪華な議事堂が改革とは逆行し、矛盾しているような感も正直あるので、こうした危惧を払拭する三重県議会であってほしいと思います。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     県議会にご意見いただき、ありがとうございます。  いただきましたご意見は全議員に周知するとともに、議事堂の維持・管理を担当する総務部管財課にも伝えます。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他