現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県民の声コーナー >
  3. お答えします「県民の声を受けて」 >
  4. 部局別により検索 >
  5.  検索結果
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

検索結果

検索結果一覧(表示は、応対した部局・所属別、受付年月の順で並べています。)

▼受付件名をクリックすると詳細のページを表示します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

受付年月 受付方法 受付件名 応対所属名 カテゴリ名
  • 平成29年7月
  • 電子メール
  • 議会
  • 議会事務局
  • ▼委員会インターネット中継動画への字幕付与について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     感音性難聴のため、音が聞こえにくいです。7月13日に行われました障がい者差別解消条例策定調査特別委員会の動画を楽しみにしておりましたが、字幕がついておらず、何を言っているのか、さっぱり、わかりません。字幕をつけていただきますようよろしくお願いします。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     この度は、県議会のインターネット中継に対するご意見をいただき、ありがとうございます。  「障がい者差別解消条例策定調査特別委員会」中継動画の字幕に関するご要望につきまして、字幕を付与する場合は、特別委員会のほか本会議や常任委員会等における中継動画にも字幕を付す必要があることから、多額の経費を要するため、厳しい財政状況のなか、直ちに対応することは困難な状況にあります。  しかしながら、本県議会では、ホームページに委員会資料を掲示するとともに、委員会終了後、一定の期間で作業を行ったうえ、委員会会議録を掲載しております。また、「みえ県議会だより」において、特別委員会等の活動を定期的にご紹介しておりますので、ご活用いただければ幸いです。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成29年6月
  • 電話
  • 議会
  • 議会事務局
  • ▼入札制度の適正な運用について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     三重県総合評価方式の運用ガイドラインが平成28年6月に策定されましたが、土木入札に関して、このガイドラインが守られていません。  例えば、ガイドラインにある「総合評価方式を行う意義」の項目の中で「公共工事の品質を確保するための多様な入札及び契約の方法の一つとして、総合評価方式を行うものであり、以て、技術力と品格と感性のある企業が、公共工事の品質確保をはじめとして、建設業が社会的に期待されている役割の担い手として確保される一助とするものである。」という項目を入れていますが、落札業者にそのような評価はなされていません。  県民の負託を受けている県議会議員には、この運用ガイドラインの内容を十分把握するとともに、ガイドラインどおりに入札が運用されているかどうかチェックするよう伝えてください。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     いただきましたご意見は全議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成29年5月
  • 電子メール
  • 議会
  • 議会事務局
  • ▼県議会の選挙区案について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     3年前の改革で議員定数を45人と決めたのに、見直すとは信じられないです。人口が減少している中、議員数を増やすより、県民に効果のある少子化対策等について考えるべきではないでしょうか。衆議院区割り法案において、三重県は1人減となる一方で、県議会議員を増やすという案は県民意識とかい離していると思います。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     県議会にご意見をいただき、ありがとうございます。いただきましたご意見は全議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成29年4月
  • 封書・葉書
  • 議会
  • 議会事務局
  • ▼「みえ県議会だより」の記載内容について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     「みえ県議会だより」は一体何の目的で発行されているのでしょうか。議員が仕事を行っていることを知らせたいのでしょうか。「調査しました」という言葉が多く使われており、調査から何が見え、その対策はどうしたのか、その結果、県民のためや幸せのためにどれほど貢献できたのか、私たちは知りたいのです。「~しました。」では、県民の税金を使い、成果を知らされていない県民は哀れです。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     この度は、県議会の広報誌「みえ県議会だより」に関するご意見をいただき、ありがとうございます。「みえ県議会だより」における「委員会の活動状況」については、限られた紙面の中で、各委員会がどのような課題等に関して調査を行ったのかなど、全体的な概要をお知らせする目的で掲載しております。  なお、こうした情報を提供させていただき、更に詳細を把握されたい方々に対しては、三重県議会のホームページにおいて各委員会の動画配信や資料の掲載を行うとともに、議会図書室において各委員会の議事録や資料の閲覧をしていただけることとしております。  今後とも、県民の皆さんに分かりやすい紙面づくりに努めてまいりますので、どうかご理解いただきますようお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他