現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県民の声コーナー >
  3. お答えします「県民の声を受けて」 >
  4. 部局別により検索 >
  5.  検索結果
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

検索結果

検索結果一覧(表示は、応対した部局・所属別、受付年月の順で並べています。)

▼受付件名をクリックすると詳細のページを表示します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

受付年月 受付方法 受付件名 応対所属名 カテゴリ名
  • 平成30年6月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 医療保健部 伊賀保健所保健衛生室
  • ▼職員について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     伊賀保健所に行きましたが、職員の話し声や笑い声が大きくて迷惑でした。病気を抱えた者や、聞こえづらい高齢者も訪れます。常識的な勤務態度をお願いします。

    ●医療保健部 伊賀保健所保健衛生室
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは、職員の不適切な執務態度により、大変不快な思いをおかけしましたことをお詫びいたします。  いただいたご意見を教訓として、職員に対しては、大きな話し声、笑い声等により、来客された方へ迷惑をかけないように、周知徹底を図ってまいりたいと思います。貴重なご意見をいただきありがとうございました。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成30年6月
  • 面談・来訪
  • 県政運営
  • 地域連携部 伊賀地域防災総合事務所地域調整防災室
  • ▼職員の残業と節電対策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県伊賀庁舎は深夜近くまで電気が点灯しており、休日も夜まで残業をしているようです。  残業には私たちの税金がかかります。また、東日本大震災以降、節電対策に取り組んでいましたが、どうなっているのでしょうか。

    ●地域連携部 伊賀地域防災総合事務所地域調整防災室
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見をいただきありがとうございました。  伊賀庁舎では、平素から不要な箇所の照明の消灯など節電に努めているところであり、今回、ご意見をいただきましたことについても、改めて節電に努めるよう庁舎内で共有させていただきました。  伊賀庁舎の各事務所においても、引き続き効率的な事務の執行に努め、夜間や休日の勤務を縮減すべく努力してまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県財政の的確な運営
    【事業】最適な資産管理と職場環境づくり

  • 平成30年6月
  • 電子メール
  • 観光・産業・しごと
  • 農林水産部 伊賀農林事務所森林・林業室
  • ▼台風21号による災害の復旧工事について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     台風21号により土砂崩れを起こした名張市内の山林の一部で、いまだに復旧工事が行われていないところがあります。土砂崩れした場所は、地盤が弱っており住民も不安に思っています。放置して大きな事故になる前に工事をしてください。

    ●農林水産部 伊賀農林事務所森林・林業室
    <県の考え方・取組・方針>
     昨年10月の台風第21号では、県内の多くの箇所で山崩れなどの森林被害が発生し、名張市内におきましても、23箇所、3億3千万円の被害が発生しました。  この23箇所について、名張市と三重県(伊賀農林事務所)の職員が、現地において被害の状況や下方の保全対象などを調査しており、本年度(平成30年度)は特に緊急性の高い3箇所の復旧工事を実施しているところです。 なお、ご意見いただいた箇所につきましては、崩壊の規模が小さいことや斜面の傾斜が緩やかなこと等から直ちに被害が拡大するものではないと判断しており、緊急性の観点から平成30年度の着工予定とはなっていませんが、引き続き、台風や集中豪雨後の現地の状況を注視するなど、住民の皆さんの安全確保に努めてまいります。  また、森林の災害復旧状況については、伊賀農林事務所のホームページ等へ掲示し県民の皆さんへお知らせするとともに、市及び区長と連携して森林所有者へ説明してまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】防災・減災
    【施策】治山・治水・海岸保全の推進
    【事業】山地災害対策の推進