現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 環境全般 >
  4. 環境保全活動・環境学習 >
  5. M-EMS >
  6.  M-EMSのご案内
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 地球温暖化対策課  >
  4.  地球温暖化対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県版小規模事業所向け環境マネジメントシステム(M-EMS)

M-EMS(ミームス)のご案内

目的

三重県では、県内事業者の環境負荷低減の取組として、環境の負荷を管理し、継続的に低減するための仕組みである環境マネジメントシステムの導入を推進しています。

大規模事業者ではISO14001の認証が進んでいますが、県内事業者の9割以上を占める小規模事業者においては、経費や労力の面からISO14001の導入が進みにくい現状にあります。

こうしたことから、取り組みやすく、費用負担の少ない環境マネジメントシステムの制度を構築・普及し、幅広い県内事業者の環境負荷低減取組を促進することを目的とします。

対象

主に小規模事業者等を対象とし、また、あらゆる業種に対応できます。

制度

制度名

M-EMS(通称・ミームス)

仕組み

一般社団法人M-EMS認証機構(旧 M-EMS認証事業部)において規格・運用・マニュアル等の制度運用を行うとともに、審査員を登録して、認証を行う「第三者認証」とします。

M-EMSは、みえ環境県民運動協議会(通称・みえ環境創造リーグ)内にM-EMS認証事業部を設置して平成16年9月1日から運営していました。平成21年4月に、法人化し一般社団法人M-EMS認証機構としました。

規格

M-EMS規格は費用が少なく、やさしく、わかりやすい規格であり、KES(京都・環境マネジメントシステム・スタンダード)の規格と同一の規格です。

 ※KESは、京都市において「京(みやこ)のアジェンダ21」を母体とし、平成13年4月に構築された環境マネジメントシステムで、全国に22の協働機関があります。

小規模事業者の環境活動の取組みレベルは多様であるため、初級を「ステップ1」、中級を「ステップ2」と2段階のレベルを設定しています。

また、「ステップ2」には、「ステップ2SR」と「ステップ2En」といった、2つのオプション規格を設定しています。

ステップ1

規模や環境負荷が比較的大きくないところや、環境問題に取り組み始めた段階を想定したものす。

ステップ2

規模や環境負荷が比較的大きいところや、ステップ1からのステップアップに適合します。「ISO14001」と同じような要求項目を設けています。


※ISO14001は、国際標準化機構(ISO)が作成した国際規格であり、事業者等が地球環境に配慮した事業活動を行うために、環境マネジメントシステムを構築する際に守らなければいけない事項が定められています。

ステップ2SR(社会的責任)

ステップ2に「持続可能な発展への貢献を最大限にする」ことを目的として発行されたISO26000(社会的責任に関する手引き)の要素を導入し、取組の幅を広げた規格です。

ステップ2En(エネルギーマネジメント)

ステップ2に「エネルギーパフォーマンスの改善」を目的として発行されたISO50001(エネルギーマネジメントシステム)の要素を導入し、取組の質を深めた規格です。

 

費用

標準料金

費用は標準で下記のとおりです。

従業員数10人未満、1サイト(審査箇所)の場合

区分 初回費用 確認審査費用
コンサルティング費用 審査費用
ステップ1 38,880円 58,320円 97,200円 32,400円
ステップ2 69,120円 158,760円 227,880円 85,320円

従業員数10人以上100人未満、1サイト(審査箇所)の場合

区分 初回費用 確認審査費用
コンサルティング費用 審査費用
ステップ1 38,880円 60,480円 99,360円 32,400円
ステップ2 69,120円 212,760円 281,880円 106,920円

問い合わせ

費用等についての詳細は一般社団法人M-EMS認証機構までお問い合わせください。

一般社団法人M-EMS認証機構    http://www.m-ems.org/

 

構築の手順

  1. M-EMS構築講座(集合研修)の受講
  2. コンサルティング
  3. 審査
  4. 判定・認証

詳細は、下記パンフレット、スケジュールをご覧ください。

パンフレット

M-EMSパンフレット(外側)

M-EMSパンフレット(内側)

新規格パンフレット

認証取得までのスケジュール

ステップ1

ステップ2

シンボルマークのデザインコンセプト

個々の小さい事業者から大きな社会へという流れを丸の大きさが変わっていく様子で表現しています。また、三重の風土、海、川から山へとの自然環境のつながりも表現しています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 地球温暖化対策課 地球温暖化対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2368 
ファクス番号:059-229-1016 
メールアドレス:earth@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000047241