現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 地球環境と生活環境 >
  4. 土壌・地下水・土砂・温泉 >
  5. 土壌・地下水 >
  6. 地盤沈下 >
  7.  平成13年における三重県北勢地域の地盤沈下の状況
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 大気・水環境課  >
  4.  水環境班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の環境

平成13年における三重県北勢地域の地盤沈下の状況

平成14年8月30日
連絡先
環境部地球環境・生活環境チーム
担当:中森・伊藤 電話059-224-2382


1.発表事項

平成13年における三重県北勢地域の地盤沈下の状況について

2.発表内容

北勢地域における地盤沈下状況を把握するため、地盤沈下観測水準点135点の観測を行い、その結果1cm以上の沈下を示した水準点は7点(平成12年は0点、同11,10年は3点)ありました。また、6km2にわたって隣接した複数の水準点が沈下している等、面的に年間1cm以上沈下していると考えられる「沈下域」が見られました。(平成12,11年は無し、同10年は2km2)
地盤沈下と密接に関連のある地下水位の測定を19箇所(うち3箇所は欠測)で行い、測定した箇所全てで上昇を示しました。

地盤沈下の状況

1センチメートル以上の沈下水準点 7点(全135点の約5%)
年間最大沈下量 -1.5cm 多度町福永
過去5年間における累積沈下量の最大値 -3.8cm 長島町下坂手
昭和36年~平成13年の累積沈下量の最大値 -158.7cm 長島町白鶏

(ただし長島町白鶏については、沈下は昭和60年以降鎮静化しています)

北勢地域の地盤沈下は、昭和47年から49年をピークに59年まで年間1cm以上の沈下量を示す水準点が多数観測され、広範囲にわたり沈下域を形成しました。しかし、60年以降は異常渇水のあった平成6年を除いて地盤沈下は鎮静化傾向にあります。

地下水位の状況

測定した箇所全て水位が上昇しており(0.64~0.01m)、揚水量の削減効果があらわれています。

3.今後の対応

平成13年は沈下現象が見られました。
また、本年4月には長島町、木曽岬町が東海地震にかかる地震防災対策強化地域に指定されました。この2町を含む三重県北勢地域の臨海部は、海抜0メートル地帯であり、高潮、津波、洪水、内水氾濫及び地震対策等の潜在的危険性の高い環境にあります。
以上のことからも、今後も水準点、地下水位の観測及び地下水揚水量の規制を行い、注意深く監視を続けるとともに、東海三県にまたがる「濃尾平野地盤沈下防止等対策要綱(関係閣僚会議決定)」により、広域的な対策を推進します。

Adobe Readerのダウンロードページ三重県ホームページでは一部関連資料等をPDF形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 大気・水環境課 水環境班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2382 
ファクス番号:059-229-1016 
メールアドレス:mkankyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000049439