現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 地球環境と生活環境 >
  4. 水道・特定建築物 >
  5. 特定建築物 >
  6.  建築物における給水及び排水に関する設備の誤接合の防止について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 大気・水環境課  >
  4.  生活排水・水道班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

建築物における給水及び排水に関する設備の誤接合の防止について

 今般、東京都の下水道施設において、下水の三次処理水が配水管内に逆流し、周辺の住宅の給水栓から臭気のある水が流れ出るという事故が発生した。原因を調査した結果、水道法(昭和32年法律第177号)第16条の2第2項の規定による指定給水装置工事事業者でない者により、三次処理水配管を給水管に直結する工事が平成24年に無届けで行われていたことが判明しました。
 つきましては、特定建築物等の所有者、占有者その他の者で建築物の維持管理について権原を有する者、建築物における衛生的環境の確保に関する事業者その他の関係者は、特定建築物等の維持管理にあたり、下記の事項に留意するようお願いします。
1 特定建築物等の雑用水に係る給水に関する設備又は排水に関する設備と水道の給水装置との誤接合について
(1) 給水装置に給水装置以外の設備を直接連結してはならないとされていること。
(2) 給水装置の改造は、水道事業者への届出が必要であるとされていること。
(3) 給水装置工事は、水道法第16条の2第1項の指定を有する、当該工事の施行に係る資質の担保された指定給水装置工事事業者により適切に行われなければならないこととされていること。
2 特定建築物等内の給水に関する設備と排水に関する設備との誤接合について
(1) 飲料水の配管設備とその他の配管設備とは、直接連結させないこととされていること(建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第129条の2の5第2項第1号関係)。
(2) 排水再利用配管設備の構造は、次に定めるところによらなければならないとされていること(建築基準法施行令第129条の2の5第3項第5号並びに建築物に設ける飲料水の配管設備及び排水のための配管設備の構造方法を定める件(昭和50年建設省告示第1597号)第二第六号関係)。
ア 他の配管設備(排水再利用設備その他これに類する配管設備を除く。)と兼用しないこと。
イ 排水再利用水の配管設備であることを示す表示を見やすい方法で水栓及び配管にするか、又は他の配管設備と容易に判別できる色とすること。
ウ 洗面器、手洗器その他誤飲、誤用のおそれのある衛生器具に連結しないこと。
エ 水栓に排水再利用水であることを示す表示をすること。
オ 塩素消毒その他これに類する措置を講ずること。
【参考】
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 大気・水環境課 生活排水・水道班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-3145 
ファクス番号:059-229-1016 
メールアドレス:mkankyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000208491