現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 地球環境と生活環境 >
  4. 水道・特定建築物 >
  5. 特定建築物 >
  6.  新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 大気・水環境課  >
  4.  生活排水・水道班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則

 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(以下「専門家会議」という。)が令和2年3月9日に発表した「新型コロナウイルス感染症対策の見解」の別添「新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)発生のリスクが高い日常生活における場面についての考え方」において、これまで集団感染が確認された場に共通するのは、
  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 人が密集していた。
  3. 近距離での会話や発声が行われた。
という3つの条件が同時に重なった場ということが示され、クラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則として、
  1. 換気を励行する。
  2. 人の密度を下げる。
  3. 近距離での会話や発声、高唱を避ける。
ということが示されました。
多数の者が利用する特定建築物の管理において、参考にしてください。

【参考リンク】
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の見解」(2020 年3月9日)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000606000.pdf

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 大気・水環境課 生活排水・水道班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-3145 
ファクス番号:059-229-1016 
メールアドレス:mkankyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000236643