現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 環境全般 >
  4. 環境総合 >
  5. 環境白書(平成19年版以前) >
  6. 平成14年版 >
  7.  資料11-20 調査・情報提供事業
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 環境生活総務課  >
  4.  企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の環境

資料11-20 調査・情報提供事業

1.技術移転に係る国際協力可能性調査(NEDOからの委託事業)

内容 対象国 期間 備考    
省エネルギーとクリーナープロダクションに関するワークショップを開催し、参加各国間の意見交換を図ることにより、技術移転に係る国際協力の可能性を検証した。また、ワークショップの成果を確認するためにタイのバンコクではフォローアップセミナーを開催し、中国とマレイシアではワークショップ参加者への面接調査を実施した。 中国、
インドネシア、
フィリピン、
タイ、
ヴィエトナム
ワークショップ:
10/7~10/20
フォローアップセミナー:
H14/1/25
(タイ・バンコク市)
フォローアップ調査:
H14/3/7~3/16
(中国・マレイシア)
 

2.環境技術移転情報ネットワーク調査(NEDOからの委託事業)

内容 対象国 期間 備考
APEC地域における環境対策を促進するため、インターネットを通じて、内外に蓄積されている環境保全技術情報をデータベースとして提供しているが、本年度は、ゼロエミッション、循環型社会形成に係る国内調査・環境ITに関する海外調査及びデータベースの拡充を行った。 オーストラリア 海外調査:
H14/2/10~2/21
国内調査:
H13/12~H14/2
 

3.アジア自治体環境支援プログラム(ECPA-RAYONG)(三重県からの委託事業)

内容 対象国 期間 備考
タイ国ラヨーン市を対象及び共同実施自治体として、総合的な環境改善事業の推進を行った。本年度は環境基本計画及びアクションプランの市議会提出を果たしたほか、環境学習・都市開発センターの開設、国内受入研修、環境管理セミナー、自然循環方式による排水処理施設建設着工などを新たに実施した。別途、第三カ国目としてマレイシア、インドネシアにて基礎調査を実施した。 タイ、
マレイシア
7/22~8/1,
12/23~12/27,
H14/1/21~1/26,
H14/3/4~3/9,
H14/3/21~3/23
H14/3/11~12,25~27
(マレイシア)
研修:9/3~9/20
セミナー:H14/3/6~3/7
 

4.アルゼンチン産業公害防止事業(JICAからの委託事業)

内容 対象国 期間 備考
JICAプロジェクト方式技術協力「アルゼンチン産業公害防止プロジェクト」に係る国内支援団体の業務を実施した。
  1. 4月及び5月に長期専門家合計4名がアルゼンチンに赴任し本事業は本格的にスタートした。
  2. 8月26日~9月6日、カウンターパート研修員2名を受け入れた。
  3. 10月に開所式出席及び調査のため、運営指導調査団が派遣された。
  4. 2月11日~3月7日、カウンターパート研修員1名を受け入れた。
  5. 2月22日、国内委員会を開催した。
アルゼンチン    

5.開発パートナー事業(JICAからの委託事業)

内容 対象国 期間 備考
現地カウンターパート4自治体を対象に水質モニタリング、一般廃棄物処理、産業排水処理、環境教育における実態調査を実施した。現地調査に基づき本事業におけるモデルバランガイ(自治体)、モデル企業、モデル学校、及びモニタリングポイントを選定した。 フィリピン H14/2/10~2/27  

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 環境生活総務課 企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2314 
ファクス番号:059-224-3069 
メールアドレス:kansei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048311