現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 環境全般 >
  4. 環境総合 >
  5. 環境白書(平成19年版以前) >
  6. 平成14年版 >
  7.  資料3-1 人の健康の保護に関する環境基準 資料3-2 生活環境の保全に関する環境基準(河川) 資料3-3 生活環境の保全に関する環境基準(海域その1) 資料3-4 生活環境の保全に関する環境基準(海域その2) 資料3-5 地下水に関する環境基準
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 環境生活総務課  >
  4.  企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の環境

資料3-1 人の健康の保護に関する環境基準
資料3-2 生活環境の保全に関する環境基準(河川)
資料3-3 生活環境の保全に関する環境基準(海域その1)
資料3-4 生活環境の保全に関する環境基準(海域その2)
資料3-5 地下水に関する環境基準

資料3-1 人の健康の保護に関する環境基準

項目 カドミウム 全シアン 六価クロム 砒 素 総水銀 アルキル水銀 PCB ジクロロメタン 四塩化炭素 1,2-ジクロロエタン 1,1-ジクロロエチレン
基準値 0.01mg/l以下 検出されないこと。 0.01mg/l以下 0.05mg/l以下 0.01mg/l以下 0.0005mg/l以下 検出されないこと。 検出されないこと。 0.02mg/l以下 0.002mg/l以下 0.004mg/l以下 0.02mg/l以下
項目 シス-1,2- ジクロロエチレン 1,1,1- トリクロロエタン 1,1,2- トリクロロエタン トリクロロエチレン テトラクロロエチレン 1,3-ジク ロロプロペン チウラム シマジン チオベンカルブ ベンゼン セレン
基準値 0.04mg/l以下 1mg/l以下 0.006mg/l以下 0.03mg/l以下 0.01mg/l以下 0.002mg/l 以下 0.006mg/l以下 0.003mg/l以下 0.02mg/l以下 0.01mg/l以下 0.01mg/l以下
項目 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 ふっ素 ほう素
基準値 10 mg/l 以下 0.8mg/l 以下 1mg/l 以下

備考 海域については、ふっ素及びほう素の基準値は適用しない。

資料3-2 生活環境の保全に関する環境基準(河川)

 項目


類型

利用目的の適応性 基準値
水素イオン
濃度(pH)
生物化学的
酸素要求量
(BOD)
浮遊物質量
(SS)
溶存酸素量
(DO)
大腸菌群数
AA 水道1級
自然環境保全及び
A以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
1mg/l以下 25mg/l以下 7.5mg/l以上 50MPN/
100ml以下
水道2級
水産1級
水浴
及びB以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
2mg/l以下 25mg/l以下 7.5mg/l以上 1,000MPN/
100ml以下
水道3級
水産2級
及びC以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
3mg/l以下 25mg/l以下 5mg/l以上 5,000MPN/
100ml以下
水産3級
工業用水1級
及びD以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
5mg/l以下 50mg/l以下 5mg/l以上
工業用水2級
農業用水
及びEの欄に掲げるもの
6.0以上
8.5以下
8mg/l以下 100mg/l以下 2mg/l以上
工業用水3級
環境保全
6.0以上
8.5以下
10mg/l 以下 ごみ等の浮遊が
認められないこと
2mg/l以上

(注)
1 自然環境保全:自然探勝等の環境保全
2 水道    1級:ろ過等による簡易な浄水操作を行うもの
       〃      2級:沈殿ろ過等による通常の浄水操作を行うもの
       〃      3級:前処理等を伴う高度の浄水操作を行うもの
3   水産    1級:ヤマメ、イワナ等貧腐水性水域の水産生物用並びに水産2級及び水産3級の水産生物用
       〃        2級:サケ科魚類及びアユ等貧腐水性水域の水産生物用及び水産3級の水産生物用
       〃        3級:コイ、フナ等、β-中腐水性水域の水産生物用
4 工業用水  1級:沈殿等による通常の浄水操作を行うもの
        〃     2級:薬品注入等による高度の浄水操作を行うもの
        〃     3級:特殊の浄水操作を行うもの
5  環境保全       :国民の日常生活(沿岸の遊歩等を含む。)において不快感を生じない限度

資料3-3 生活環境の保全に関する環境基準(海域その1)

 項目

 

類型

利用目的の適応性 基準値
水素イオン
濃度(pH)
化学的
酸素要求量
(COD)
溶存酸素量
(DO)
大腸菌群数 n-ヘキサン抽出物質
(油分等)
水産1級
水浴
自然環境保全及び
B以下の欄に掲げるもの
7.8以上
8.3以下
2mg/l以下 7.5mg/l以上 1,000MPN/
100ml以下
検出されないこと。
水産2級
工業用水及び
Cの欄に掲げるもの
7.8以上
8.3以下
3mg/l以下 5mg/l以上 検出されないこと。
環境保全 7.0以上
8.3以下
8mg/l以下 2mg/l以上

(注)
1 自然環境保全:自然探勝等の環境保全
2 水産    1級:マダイ、ブリ、ワカメ等の水産生物用及び水産2級の水産生物用
  水産  2級:ボラ、ノリ等の水産生物用
3 環境保全  :国民の日常生活(沿岸の遊歩等を含む。)において不快感を生じない限度

資料3-4 生活環境の保全に関する環境基準(海域その2)

 項目

 

類型

利用目的の適応性 基準値
全窒素 全燐
I 自然環境保全
及びII以下の欄に掲げるもの
(水産2種及び3種を除く。)
0.2mg/l   以下 0.02 mg/l   以下
II 水産1種
水浴
及びIII以下の欄に掲げるもの
(水産2種及び3種を除く。)
0.3mg/l   以下 0.03 mg/l   以下
III 水産2種
及びIVの欄に掲げるもの
(水産3種を除く。)
0.6mg/l   以下 0.05 mg/l   以下
IV 水産3種
工業用水
生物生息環境保全
1mg/l   以下 0.09 mg/l   以下

(注)
1 自然環境保全     :自然探勝等の環境保全
2   水産1種       :底生魚介類を含め多様な水産生物がバランス良く、かつ、安定して漁獲される
  水産2種       :一部の底生魚介類を除き、魚類を中心とした水産生物が多獲される
  水産3種     :汚濁に強い特定の水産生物が主に漁獲される
3  生物生息環境保全:年間を通して底生生物が生息できる限度

資料3-5 地下水に関する環境基準

項目 カドミウム 全シアン 六価クロム 砒素 総水銀 アルキル水銀 PCB ジクロロメタン 四塩化炭素 1,2-ジクロロエタン 1,1-ジクロロエチレン
基準値 0.01mg/l以下 検出されないこと。 0.01mg/l以下 0.05mg/l以下 0.01mg/l以下 0.0005mg/l以下 検出されないこと。 検出されないこと。 0.02mg/l以下 0.002mg/l以下 0.004mg/l以下 0.02mg/l以下
項目 シス-1,2- ジクロロエチレン 1,1,1- トリクロロエタン 1,1,2- トリクロロエタン トリクロロエチレン テトラクロロエチレン 1,3-ジク ロロプロペン チウラム シマジン チオベンカルブ ベンゼン セレン
基準値 0.04mg/l以下 1mg/l以下 0.006mg/l以下 0.03mg/l以下 0.01mg/l以下 0.002mg/l 以下 0.006mg/l以下 0.003mg/l以下 0.02mg/l以下 0.01mg/l以下 0.01mg/l以下
項目 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 ふっ素 ほう素
基準値 10 mg/l 以下 0.8mg/l 以下 1mg/l 以下

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 環境生活総務課 企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2314 
ファクス番号:059-224-3069 
メールアドレス:kansei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048356