現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 獣害対策 >
  5. 獣害につよい集落づくり >
  6. 事例紹介 >
  7.  取り組み事例4~松阪市広瀬集落
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 中央農業改良普及センター  >
  4.  普及企画室(地域農業推進課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

松阪市広瀬地域

営農組合機能を活かした獣害対策 

~サル追い払いに一致協力して!防護柵設置もみんなの力で!~

  広瀬営農組合は平成17年度に設立し、目立ってきた獣害について営農組合として対策する事を決定し、取り組みが始まりました。サルの追い払いについては、サルの出没を確認したら、営農組合長へ連絡し、営農組合長は地区設置の放送施設を活用して在宅人員を召集、出没現場へ数人が集合して地区外へ逃げるまでの追払いを徹底しています。その結果、被害ピーク時から1/6程度まで被害を軽減する事が出来ました。イノシシ・シカ害対策には、鳥獣害防止総合対策事業(国)を活用して、20~22年度で防護柵を設置しました。(延長3.5km)。営農組合が成果を上げ、獣害対策は21年度から自治会の取り組みとして広がりを見せました。集落内全住民が共通の問題意識を持って対策に当たることはとても大切なことです。また、広瀬地区は、集落ぐるみで獣害対策をすれば被害軽減につながることの実践者として、獣害に悩む地域に対して協力的に対応してもらっています。 

獣害対策の勉強会を重ねて、意識統一を図りました。金網フェンスは、集落総出で設置しました。












 他地域からの視察受け入れてもらってます。発言には説得力があります。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 中央農業改良普及センター 普及企画室(地域農業推進課) 〒515-2316 
松阪市嬉野川北町530
電話番号:0598-42-6323 
ファクス番号:0598-42-7762 
メールアドレス:fukyuc@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000052248