現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 獣害対策 >
  5. 獣害につよい集落づくり >
  6. 技術情報 >
  7.  防護柵の設置
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 中央農業改良普及センター  >
  4.  普及企画室(企画情報課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

各種防護柵の特徴と設置上の注意点

トタン板

  主に猪対策となります。物理的に防ぐだけでなく、目隠し効果により、柵内に農作物があるかどうかわからない状態にすることが肝心です。そのためにトタンとトタン、トタンと地面の間が隙間のない状態にして下さい。

  支柱でしっかりと固定する  隙間をつくらないことが大切   

ワイヤーメッシュ

 主に猪対策となります。2m巾面を縦に使えば、鹿対策としても使えます。建築用資材で、ホームセンターで安価で手軽に購入できます。資材としては、目合いが10cm×10cm(うり坊の侵入を防ぐため)、径は4~5mm以上(破壊されないように)がお薦めです。潜り込みによる侵入があるので、メッシュの下部はペグ等でしっかり固定してください。

 

安価で簡単に設置できます   径が細いと突破されます  

電気柵

 猪の場合は2~3段(15~20cm―15~20cm―15cm~20cm)で、鹿の場合は5段(20cm―20cm―20cm―30cm―40cm)を基本とします。電圧は、5000V以上を確保し、設置後は、必ず電圧の確認を行って下さい。また、電線の下段が雑草に触れると漏電するので、雑草の管理は大切です

雑草が触れると漏電します   斜面に合わせた電線の高さとします

※電気柵の設置に関して (外部リンク)

 鳥獣による農作物等の被害の防止に係る電気さく施設における安全確保について

ネット

 主に鹿対策となります。ネット目が大きいと、鹿に噛み切られるので、目合いは5~6cm以下を薦めます。やや価格は高いですが、強化プラスチックのネットや金属線入りのネットも販売されています。

網目が大きいとシカに噛み切られます  下部を空けると下部から侵入されます

ワイヤーメッシュ+電柵

 ワイヤーメッシュで猪対策、電線で猿対策となります。ワイヤーメッシュの支柱の上部に、碍子を設置し、電気柵を通します。ワイヤーメッシュに猿の身体がある状態で、電線に手が触れたときに通電して、猿が柵を突破できない仕組みです。

#

おじろ用心棒

 上記の電線部分の支柱へも電気を通すことによりサルの侵入を防止する効果的な柵です。

    おじろ写真    おじろ写真2

本ページに関する問い合わせ先

三重県 中央農業改良普及センター 普及企画室(企画情報課) 〒515-2316 
松阪市嬉野川北町530
電話番号:0598-42-6716 
ファクス番号:0598-42-7762 
メールアドレス:fukyuc@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000052239