現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 保健環境研究所 >
  5. 調査研究評価委員会 >
  6. 研究課題の概要 >
  7.  平成17年度第2回三重県科学技術振興センター保健環境研究部調査研究評価委員会:研究課題の概要
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 健康福祉部  >
  3. 保健環境研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成17年度第2回三重県科学技術振興センター保健環境研究部調査研究評価委員会

研究課題の概要

事前評価

未承認医薬品中麻黄及びエフェドリン等の試験法開発(平成18~19年度)

含有されるはずのない医薬品成分が混入した未承認医薬品による健康被害事例がみられることから、各種製品中の医薬品成分の定量法を開発し、健康被害を未然に防止することを目的とする。18年度からは麻黄及びエフェドリンについて検討する。

インフルエンザ流行予報システム開発等総合研究事業(平成18~20年度)

平成18~20年度の3ヶ年計画で、インフルエンザの患者発生に影響する要因解明と流行予測モデルを開発するとともに、予測情報の発信のあり方を検討する。

また、国立三重病院等県内医療機関から臨床データの提供を受け、乳幼児に対する適切なワクチン接種用量と接種方法を解明し、その研究成果情報を的確に発信する。

BDF製造工程の廃水処理法に関する研究(平成18~19年度)

廃油(テンプラ油等)を燃料(BDF)として再利用する方法が、再生エネルギー面から注目を浴び、本県でも紀北町をはじめとして、民間企業も環境・資源循環に取り組んでいる。 しかし、BDF燃料として現実に使用するには、粗BDFを十分に水洗し、共存物質を除去する必要があり、この洗浄水には高濃度の油分が含まれるため、そのままでは公共用水域には放流できない。

本研究は、これまでの研究成果である油分解菌を利用し、高濃度の油を微生物分解できるような排水処理装置を開発し、その最適条件を把握し、最終的にはこれを技術移転することを目指している。

飲料水中の医薬品成分汚染に関する研究(未実施) 医薬品成分の微量分析法の検討及び、県内での水道水、河川水、浄化槽放流水、下水処理場流入水、下水処理水、畜産排水などの医薬品成分濃度の実態調査及び水処理での挙動調査を実施する。

飲料水中のビニルクロライドに関する研究(平成18~19年度)

県内の地下水において、産業的な発生源からの汚染と考えられる塩素系有機溶剤(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン等)の検出事例は数多くある。

これら有機塩素系溶剤の分解により、より毒性の高いビニルクロライドが生成し地下水を汚染することが懸念されるが、県内での地下水中ビニルクロライド分析や調査は行われておらず、実態については全く不明であることから、2年計画でビニルクロライド微量分析法の検討と開発、水中ビニルクロライド濃度及び塩素系有機溶剤濃度の実態把握調査を行い、生分解との関係を明らかにし、市町村の水道事業者等へ技術移転を行う。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 保健環境研究所 〒512-1211 
四日市市桜町3684-11
電話番号:059-329-3800 
ファクス番号:059-329-3004 
メールアドレス:hokan@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000047668