現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 人権・男女共同参画・NPO >
  4. 男女共同参画 >
  5. 女性の大活躍推進三重県会議 >
  6. ロールモデル >
  7.  ロールモデル(池田 奈桜)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. ダイバーシティ社会推進課  >
  4.  男女共同参画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

入社2年目で主任へ ~社員へ“改善のおもてなし”で職場環境UP!

PROFILE

池田 奈桜さん 【2017年ファイナリスト】

●株式会社 鹿の湯ホテル(三重郡菰野町)
  広報企画・接客係主任
  業種:旅館業

四日市市の公立高校を卒業後、入社。2年目から接客係主任を任され「お客様だけではなく、社員にもおもてなしができる宿」をモットーに奮闘。近年は広報企画、社内の業務効率化、社員の働き方改革などに取り組んでいる。2018年には、湯の山温泉の各事業所で働く若手社員による「湯の山温泉結びの会 いずみ」を立ち上げ、温泉街と周辺一帯の観光PR活動も精力的に行った。その後転職し、現在は旅行雑誌で地域の魅力を発信中。
 

私の使命

これでいいのか?! 仲居さんの長時間労働

「菰野の魅力を多くの人に伝えたくて、この仕事に就きました」。池田さんは高校生の時に授業で菰野町について学び、鹿の湯ホテルへ就職しました。1年目は接客・配膳係に従事。「仲居の仕事は、拘束時間が長いことで有名。働いているうちに、変えたい点が色々と見えてきて」。2年目には接客係主任になり、業務改善にも着手しました。「当時19歳だった私が周りから信頼を得る方法が『働きやすくなったね』と言ってもらえることくらいだったんです」。池田さんの業務改善の一つが、客室に“湯かご”を設置したことです。かごの中には宿泊者1人分のアメニティを入れます。こうすることでスタッフが、隙間時間に作業を進められるように。「客室内で急いでやるべき仕事が減り、負担が軽減されました」。

 

思いついたら即実行! 取組は社外にも 

2018年6月には、近隣施設で働く若手社員でつくる「湯の山温泉結びの会 いずみ」を発足。「いずみ」は地域のPRと、社員同士の交流を兼ねています。発案から協力者の呼びかけ、イベント実施まで、わずか2ヵ月というスピード実現でした。発案のきっかけは、4月に開催された湯の山温泉開湯1300年イベント。若手社員同士が力を合わせることになり「せっかくの友好が、1回で終了するのはもったいない!」と大急ぎで企画書を作成して説明に走ったとか。池田さんに働きがいについて聞くと、「もちろんお客様に喜んでいただけること」。その一方で「みんなの“しんどい”が和らいだり、“楽しい”が広がったりするのを見るのも、やはり嬉しいんです」。

 

私流リーダーシップ

若さを武器に、若い社員に寄り添う

接客係は現在、社員10名と学生アルバイトが4名。池田さんは、14名をまとめる主任として奮闘しています。社員は20歳前後と若く、部下との接し方も工夫しています。「若い子は遊びたい盛り。プライベートの“楽しい”をできるだけ優先してあげられるよう、シフト調整や仕事の負担軽減に取り組んでいます」。加えて「“仕事も楽しい”と思ってもらいたい。それも同世代の私だからできる仕事だと思っています」。名付けて『社員へのおもてなし』。それにはホテルが2017年にオープンした別館ワインバー『BOOK&WINE』も一役買っているそう。「仕事終わりに部下と腹ごしらえに。恋バナなど、色んなトークをして、相互理解を深めています」。

 

職場を変える楽しさを伝えたい

「先日は接客係で『ペルソナ分析』に取り組みました」。宿泊客のデータをもとに、架空の一家“ペルソナ”を作り上げ、どんな新サービスを提供できるか、意見を出し合ったといいます。「小さなアイデアも一つずつ書き連ねました」。これで社員にもたらされたのが、職場を“変える楽しさ”の発見。「職場はもっと良くなるはず。縁の下から支えて実現したい」。この発言の裏には、頼れる上司の存在があるようです。総括の野口員敬さん。親子ほど年の違う2人ですが、まるで長年の盟友のよう。池田さんはかしこまるどころか、すっかり安心しているようです。部下を支える思いやりの風が伝播し、池田さんへ、そしてさらに若い世代へと吹き渡っていました。

 

社外メンターとして

お話&アドバイスできる内容

■キャリアアップ・キャリアデザイン
■人材育成
■地域資源活用
■宿泊業の業務効率化

こんな講演・相談に対応できます

■宿泊業の業務改善(動線の見直し・業務効率化など)
■やりがいの見出し方・仕事の向き合い方
■新入社員・若手社員のモチベーション向上
■地域の魅力発掘とその発信

所属事業所概要

●株式会社鹿の湯ホテル
 三重県三重郡菰野町菰野8520-1
 http://www.sikanoyu.co.jp/
 社員数:43名

私の癒し

まだまだ遊びたい盛りなので(笑)友達と朝まで飲みに行ったりもしますが…予定の無い休みはお気に入りの車でドライブへ。
出かける先は、決まって温泉か岩盤浴。心もほっこり癒しに行きます♪



2018年8月 取材
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 ダイバーシティ社会推進課 男女共同参画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2225 
ファクス番号:059-224-3069 
メールアドレス:iris@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000224520