現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 人権・男女共同参画・NPO >
  4. 男女共同参画 >
  5. 女性の大活躍推進三重県会議 >
  6. ロールモデル >
  7.  ロールモデル(大須賀 由美子さん)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. ダイバーシティ社会推進課  >
  4.  男女共同参画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

災害に備えて、生きる“根っこ”を育む防災料理教室

PROFILE

大須賀 由美子さん 【2018年ファイナリスト】

●だんだんキッチン代表(多気郡多気町)
  防災士
  業種:子ども料理教室の運営・防災講座の開催等

阪神淡路大震災を経験し、自然の脅威の前に人間の無力さを思い知る。2015年、移住先の多気町で「人は何があっても生きていかなくてはならない」「みんなで助かりたい」と、防災講座「ソナエノゴハン®」を開催。独自レシピや料理実演を織り交ぜた「備えたくなる」講座が好評で、以後県内外で実施中。4歳からの子ども料理教室「だんだんキッチン」も人気。キッズキッチン協会認定インストラクター、防災士。明石市出身。2児の母。
 

私の使命

子どもの根っこ、防災の根っこ。人気の2教室

2014年から子ども料理教室『だんだんキッチン』を開講。2015年からは防災講座『ソナエノゴハン®』も始めた大須賀さん。「人は誰しも、何があっても生きなきゃいけない。だから生きる力をつけてもらえたら」と、教室への思いを語ります。大須賀さんが強い思いに駆られる理由は、1995年まで遡ります。「1月17日、職場があった神戸の街が一変しました。阪神淡路大震災でした。あの時感じた恐怖や無力感は、今も感じ続けています。そして今は何より守りたい娘達がいます。どうやったらこの子達を守れるのか、それがスタートでした。誰にとっても大切な人がいます。助かる命が少しでも増えるよう、講座に取り組んでいます」。

 

家庭の調理器具+食材で災害を生き延びる

『ソナエノゴハン』には、大須賀さんの切なるメッセージが込められていますが、講座は和やかに進みます。例えば鍋で炊くご飯。初めての人も気軽に炊けるよう説明・実演します。「鍋はホームセンターにあるもので十分。音だけで沸騰したかの判断なんて、私でも難しいです。ちらっと蓋をとっても大丈夫」。そんな一言に笑いが起きることも。講座で使うのは身近な食材。「普段の食卓と防災が地続きになった、新しい生活防災スタイルを作りたいんです。それが備えの“根っこを育む”に繋がると思っています」。防災意識を広げる一つの方法として、身近な食を切り口に。『ソナエノゴハン』では、大須賀さんのアイデアによるさまざまな工夫が見てとれました。

 

私流リーダーシップ

地域性に寄り沿う啓発法を模索

町内の15名から始まった『ソナエノゴハン』。やがて他の自治体や県外企業からも講座依頼が来るようになり、2年間で24回に。「多気町への移住をきっかけに、教室にチャレンジしてみようという気になれたんだと思います」。夫の転勤に伴い家族で三重県に転居した大須賀さん。朗らかな風土に魅了され、永住を決めました。「皆さんとても温かく、日々は穏やか。災害なんて想像もつかない。でもそれでは命を守れません」。備える気になるような伝え方を模索し生まれたのが、料理を切り口にした「ソナエノゴハン」です。「習慣化するのって難しい。少しでも浸透するように、そのためには、まずは耳を傾けてもらえるように考えました」。

 

知識を更新しながら“目配り”も大切に

大須賀さんが“教える”原点は、我が子の誕生にあります。「我が子に生きる術を伝えたいと、料理研究家の坂本廣子先生から食育を学びました。教えていただいた心構えや技術が『だんだんキッチン』に活かされています」。これまでに『だんだんキッチン』で食育体験を伝えた子ども達の数は、のべ2,000人。『ソナエノゴハン』の開講を機に、防災士の資格も取得しました。現在は三重県と三重大学による『みえ防災塾』を受講中。「娘たちが通うダンス教室の先生からも、言葉の選び方、やる気の引き出し方など、学ぶことが沢山あります」。親としての眼差しと、率先者としての知識。2つの両輪で、人々の背中を優しく押すような料理体験を考え続けます。

 

社外メンターとして

お話&アドバイスできる内容

■防災
■食育

講演実績

2018年 パパと子のソナエノゴハン(フレンテみえ)
2018年 ソナエノゴハン(東邦液化ガス株式会社 三重支店)
2018年 防災食クッキング(伊勢市)

こんな講演・相談に対応できます

■災害時にも使えるポリ袋調理
■乾物や缶詰を活用した防災料理
■子どもの生きる力を育む料理体験
■防災と食育に関する各種講演

所属事業所概要

●だんだんキッチン
 三重県多気郡多気町波多瀬1070-5
 http://dandan-kitchen.com
 社員数:1名

私の癒し

2人の娘を思って始めた料理教室。小学生になった娘達は、今では私の料理教室で一番頼れる助手に育っています。この子達と笑っている時間が一番幸せです。もちろん、腹立つ時もあります(笑)。


2018年11月 取材
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 ダイバーシティ社会推進課 男女共同参画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2225 
ファクス番号:059-224-3069 
メールアドレス:iris@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000224600