現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 農業研究所 >
  5. 研究室・課の紹介 >
  6. 茶業研究課 >
  7.  茶業研究室の概要
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農業研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

茶業研究室の概要

沿革

茶業研究室

明治42年三重県茶業組合連合会議所が津市下部田に茶業試験場を附設。
大正15年県に移管し、内務部農商課所管の下に三重県茶業試験所とする。
昭和12年亀山市亀田町に移転する。
昭和25年三重県農業試験場茶業分場と改称。
昭和45年三重県農業技術センター茶業センターと改称。
昭和60年現在地(亀山市椿世町)に移転。
平成10年三重県科学技術振興センター農業技術センター茶業センターと改称。
平成13年三重県科学技術振興センター農業研究部茶業研究室と改称。
平成20年三重県農業研究所茶業研究室と改称。

大台試験地

昭和29年所在地に三重県農業試験場南勢茶業指導所として発足。
昭和33年三重県南勢茶業指導所と改称。
平成13年三重県科学技術振興センター農業研究部茶業研究室大台試験地と改称。
平成20年三重県農業研究所茶業研究室大台試験地と改称。

ミッション

  茶産地の市町や茶生産者団体、関係機関及び農業改良普及センター等との連携を一層強化するとともに、茶専門の研究機関として茶をキーワードにした研究開発に取り組み茶産地・関係業界に貢献します。このため、①茶産地・生産者団体やドリンク世代の消費者のニーズ(茶ドリンクの定着によるリーフ茶離れや、かぶせ(被覆)茶生産全国1位の優位性)を踏まえて、食品産業界や観光業界、大学・国研や県等の研究機関等と連携を進め、かぶせ茶素材を中心とした茶の需要開拓の研究開発に取り組み茶業界の活性化に貢献します。②茶をキーワードとした地域・現場の取り組みを支援し、地域社会に貢献します。③平成28年に開催される全国茶品評会をはじめとした茶業振興を支援します。

H25年度試験研究課題

継続研究課題

産学官連携「みえのリーディング農産商品等」開発事業(H24~27)
 ~伊勢茶を活用した機能性商品等の開発~
実用技術開発事業(H23~25)
 ~かぶせ茶としての栽培・加工技術開発と地域適応性評価~

系統適応性検定試験(第11、12、13群)

新農薬実用化試験(日本植物防疫協会委託試験)

施設の概要及びアクセス

写真でみる茶業研究室当研究室施設の画像です。

茶業研究室 建物 1,928m2 本館、製茶工場、再製工場、茶室等
茶園 19,000m2 試験茶園、病害虫発生予察茶園、作況茶園、品種保存園等
総面積 55,796m2  
大台試験地 施設 225m2 本館、製茶工場等
茶園 5,000m2 試験茶園、品種保存園等
総面積 5,597m2  

519-0104 三重県亀山市椿世町992-2 茶業研究室へのアクセス

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農業研究所 〒515-2316 
松阪市嬉野川北町530
電話番号:0598-42-6354 
ファクス番号:0598-42-1644 
メールアドレス:nougi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051566